パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

PEN Fの使い方♪

f:id:papiocamera:20201008152140j:plain



 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

PEN Fの基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・一眼カメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

 


PEN Fの使い方♪

☆最初に☆

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

 

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。

 

 

 ☆TRY☆「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」

f:id:papiocamera:20201008152259j:plain

フィルムの巻き上げ。巻き上げレバーが右に行ききるまで。PEN-Fは二回巻き上げます。



 

f:id:papiocamera:20201008152335j:plain

シャッターを押す。カシャン!という音がします。



☆QUESTION☆上の動作ができない時

 

以下をためしてみてください。

 

・フィルムの巻き上げができない!というとき

シャッターを押すと巻き上げができます。

 

・逆にシャッターを押せない!というとき

巻き上げするとシャッターが押せます。

 

 

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 

フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 

「5:撮影」に進んでください。

 

 


1:電池を入れる

 電池不要です。


 

2:レンズを付ける

 

※すでについている場合は省略

 

f:id:papiocamera:20201008154437j:plain

内部のミラーとかは絶対に触らないでください!

 

 

 

 

f:id:papiocamera:20201008154511j:plain

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる。レンズの付け根を持って、反時計回りに回転させる。




f:id:papiocamera:20201008154542j:plain

レンズを装着できた。レンズの・が上に来ます。



 

*レンズを外すときは…

 

f:id:papiocamera:20201008154631j:plain

銀のボタンを押しながら、レンズの付け根を持って、時計回りに回して外す。


 

3:フィルムを入れる

  

35mmフィルムを入れます。

 

 

f:id:papiocamera:20201009094040j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

 

 

 

f:id:papiocamera:20201009094244j:plain

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。

f:id:papiocamera:20201009094304j:plain

パトローネ(フィルムが入った筒)を入れます。巻き戻しクランクを元の位置に戻します。


 

 

f:id:papiocamera:20201009094342j:plain

フィルムの先端をスリットに刺す。さしやすいスリットにさしてください。フィルムは引き出しすぎないように。

 

f:id:papiocamera:20201009094427j:plain

巻き上げレバーを右にいききるまで動かし、フィルムを巻き上げる。二回巻き上げます。

 

f:id:papiocamera:20201009094500j:plain

巻き上げると、フィルムの先端が上の写真のように、巻取り軸に巻き込まれていきます。フィルムの穴が歯車の歯にかみ合っていることを確認してください。



 

 

フィルムの装填って難しそうですが、要は、巻取り軸にフィルムの先端がしっかり巻き込まれて、フィルムがちゃんと平行に送られていけばいいわけです♪

 

 

f:id:papiocamera:20201009094557j:plain

裏蓋を閉じる。たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを時計回りに軽く回します。

 

 

f:id:papiocamera:20201009094640j:plain

シャッターを押す。(上の写真ではフィルムカウンターが1になっていますが、実際はSの表示がでているはずです)




※シャッターが押せない時は、巻き上げレバーを一回か二回右に回しきってから押してください。

 

 

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き上げレバーを二回引く⇒シャッターを押す」を繰り返して、フィルムカウンターが1になるまでフィルムを送ります。

 

 

f:id:papiocamera:20201008152259j:plain

巻き上げレバーを二回引く


 

f:id:papiocamera:20201009094640j:plain

シャッターを押す




 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*装填ができているかの確認

フィルムが装填できていれば、巻き上げレバーを引くたびに、この巻き戻しのクランクはくるくるまわります。

f:id:papiocamera:20201009095021j:plain

巻き上げレバーを引くたびに、この巻き戻しのクランクはくるくるまわる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:papiocamera:20201009095330j:plain

フィルムカウンターが1になった

 

これで、撮影できます。
 

4:感度をセットする

 不要です。

 

5:撮影

5-1: 撮影手順

 

 

巻き上げレバーでフィルムを二回巻き上げ(5-2)

→露出計もしくは目測で判断し、シャッタースピードと絞りを設定(5-3)

→ピント合わせ(5-4)

→シャッターを押す(5-5)の順です。

 

一見難しそうですが、とっても簡単♪

 

5-2:巻き上げ

f:id:papiocamera:20201008152259j:plain

巻き上げレバーを右に行ききるまで二回動かす

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、次に進みます。

 

5-3:露出計もしくは目測で判断、シャッタースピードと絞りを設定

 シャッタースピードダイヤル・絞り環を動かします。

すごくシンプルな操作系!

 

f:id:papiocamera:20201009102419j:plain

写真はシャッタースピードが1/125秒、絞りがf2にあっている。

 

 

露出計を参考に合わせてみてもいいし、目測で判断してもいいし。

 

富士フィルム業務用100の場合、シャッタースピードを1/250秒に固定した場合の絞り値の目安が箱に書いてあります。

1/250秒の場合は手振れはほとんどないという点でいいですね。

お気楽に撮るなら、その日のお天気で、シャッタースピードと絞りを固定するのもいいかもと思います!

f:id:papiocamera:20201009103121j:plain

富士フィルム業務用100の箱

 

「夜も昼も1/60秒・F2.8に固定して撮る」と書いてある本もありました。

正解不正解はなく、自分の好みを見つけるのが楽しむコツかと思います♪

 

 

5-4:ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 ↓写真

f:id:papiocamera:20201009102614j:plain

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す。写真では∞(遠景)くらいのところにピントがあっている。



 

ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものをよく見ます。

 

ピントを合わせたいものがぼけている状態から、クリアに見える状態にピントを調整します。

 

 

5-5:シャッターを押す

ピントを合わせたら、シャッターを切り、撮影しましょう。

 

f:id:papiocamera:20201009094640j:plain

シャッターを切る。カメラをしっかり固定して、ブラさないように気を付ける。

 

 


 

その他(プレビューボタン)

f:id:papiocamera:20201009103919j:plain

プレビューボタンを押してファインダーをのぞくと、押している間ピントが合っている範囲がわかる

f:id:papiocamera:20201009104018j:plain

絞り値をf16とかにすると画面が真っ暗になります。

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

 

フィルムカウンターでフィルムの枚数の倍前後(24枚撮りなら48前後)になっていれば、フィルムが終了しているので、フィルムを巻き戻していきます。

 

f:id:papiocamera:20201009104338j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します



f:id:papiocamera:20201009104356j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。


 

 

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20200913101410j:plain

裏蓋を開ける。(写真は別の機種のカメラです)



f:id:papiocamera:20200913101429j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。(写真は別の機種のカメラです)

 

最後に

 

この記事では、PEN F の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp