〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

OLYMPUS OM-30 の使い方♪


フィルムカメラ専門店パピオカメラです。この記事では、OLYMPUS OM-30の基本的な使い方を紹介します。(※使い方が共通する部分については、OLYMPUS OM-10の写真を使用しています)

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・マニュアルフォーカスカメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

・操作方法、ボタンなどの説明は割愛している部分もございます。

当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。


OLYMPUS OM-30の使い方♪

☆最初に確認☆

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。フィルムをいれたり撮影する前に、慣れておきましょう♪

☘動画☘

別機種のカメラですが、動作の流れがわかります。


www.youtube.com

 

まず、以下を確認してください。

  • 電池が入っていないとシャッターが切れません。電池が入っていない場合は、「1:電池を入れる」を参照して、電池を入れてください。

 ↓
「巻き上げ⇒シャッターを押す」

左手でカメラを持ち、右手親指で巻き上げ。巻き上げレバーが右に行ききるまで。巻き上げすると、フィルムカウンターの数字が1つ動きます。
(写真のカメラはOM-10)

 

シャッターを押す。カシャン!という音がします。
(写真のカメラはOM-10)



 上の動作ができない時

 以下をためしてみてください。

  •  巻き上げができない→シャッターを押すと巻き上げができます
  • シャッターを押せない→巻き上げするとシャッターが押せます。
・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 「1:電池を入れる」から進み、「3:フィルムを入れる」を省略して、「5:撮影」に進んでください。

 

1:電池を入れる

 電池室を開けて、電池を入れます。

矢印の方向に(少し押しながら)動かして、電池室を開けてください。

電池はLR44(またはSR44)を五個使用します。

電池はLR44(またはSR44)を五個

コンビニやスーパー、百均でも売っていることが多いので、電池が切れても安心ですね!

 

新品電池を入れて、電池室を閉じます。

 次に、バッテリーチェックをします。

上の写真で、OFFのところにあるスイッチをCHECKのところまで動かします。(動作音をONにしている場合)ピーっと音が鳴り、カメラ前面の赤ランプが光ったらOK。
(写真のカメラはOM-10)

チェックしたら、スイッチをOFFに戻しておきましょう。

無反応だったら、電池を交換します。

動作音はカメラ底のスイッチでON/OFFします。

 2:レンズを付ける

 ※すでについている場合は省略

f:id:papiocamera:20200919154455j:plain

内部は絶対に触らない!!※写真は別機種のカメラ

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる
➁レンズとカメラを両手でしっかり持って、レンズの赤い・が、OLYMPUSの文字の下の赤いしるしのところまで来るように、レンズを時計回りに回して装着
(写真のカメラはOM-10)

カチッと音がするまで回してくださいね。
(写真のカメラはOM-10)

*レンズを外すときは…

銀色のボタンを押しながら、レンズとカメラを両手でしっかり持って、反時計回りにレンズを回して外します。
(写真のカメラはOM-10)

3:フィルムを入れる

※フィルム装填に関しては、OM-10の写真でご説明します!

フィルム装てんの操作に使用するのは、以下の4つです☆

フィルム装てんに使用

 35mmフィルムを入れます。直射日光は避けた場所で入れましょう。

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。

写真のように、パトローネ(フィルムが入った筒)を入れます巻き戻しクランクを元の位置に戻す。

フィルムの先端を引き伸ばし、スリット(巻取り軸の溝)にしっかり差し込む。フィルムは引き出し過ぎないように。フィルムの穴と歯車の歯がかみ合っているのも確認。

 

巻き上げレバーを右に行ききるまでまわして、フィルムを巻き上げる。写真のように、巻き取り軸に巻き込まれて、フィルムの裏の茶色い部分が見えたらいい感じ!


巻き上げると、フィルムの先端が上の写真のように、巻取り軸に巻き込まれていきます。フィルムの装填って難しそうですが、要は、巻取り軸にフィルムの先端がしっかり巻き込まれて、フィルムがちゃんと平行に送られていけばいいわけです♪

 

うまくフィルムが巻き上がらなかったら、スリットにフィルムの先を入れなおして、シャッターを押してから、もう一度巻き上げやってみてください。

 

巻き上げがうまくいったら、裏蓋をしっかり閉じます。

巻き戻しクランクを時計回りに、軽く重みを感じるまでまわして、たわみをとる。

やりすぎ注意!

シャッターを押す

 

※シャッターが押せない時は、巻き上げレバーを右にやさしく回しきってから押してください。また、電池は切れていないか確認してください。

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き上げレバーを引く⇒シャッターを押す」を繰り返して、フィルムカウンターが1になるまでフィルムを送ります。

巻き上げレバーを右にいくまで引く

シャッターを押す。フィルムカウンターが1になるころ、写真が写り始めます。



  +++—————————————————————————+++

✎CHECKー装てんできているかー

 ポイントは、フィルムをセットして裏ぶたを閉じたあと、巻き上げ時に巻き戻しクランクをチェックすること!

巻き上げと連動して、巻き戻しクランクが動いていたら、フィルムは装てんできています!
フィルムカウンターが1になるころでも巻き戻しクランクが動いていなかったら、スリットからフィルムの先端が抜けている可能性が高いです。その場合は裏ぶたを開けて、装てんをしなおせばOK🙆

(フィルムにたるみがある場合は、すぐには巻き戻しクランクが動きません)

  +++—————————————————————————+++

 

✋注意
フィルムカウンターが1になったら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!

 

4:感度をセットする

 フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

外周のリングを持ち上げてくるくる回して、感度をセット。上の写真はISO100のところに合っています。

(参考)外周のリングを持ち上げてくるくる回して、感度をセットしている様子。
(写真のカメラはOM-10)

 

5:撮影

 -------------

レンズをカメラにつけていない場合は装着しておきましょう。レンズキャップがついている場合ははずしておきましょう。

 -------------

基本の撮影

このカメラは絞り優先AEカメラなので、絞りをセットすればシャッタースピードはカメラが決めてくれます☆

 

ざっくりいうと、AUTOにセット→巻き上げ→絞り調整→ピント調整→シャッターを押すの動作で撮れます。

 

 ☆巻き上げ・シャッターの動作はこちら

 

巻き上げ、シャッター以外の各動作については、下で詳しく説明します。

 

①まず、AUTOにセットします。

スイッチをAUTOにセットする。 写真はAUTOにセットされている状態。

スイッチAUTOは露出計のスイッチにもなります、時間がたつと、OFFになってしまうので、その場合は、シャッターに軽く触れてONにしなおしましょう。
➁巻き上げ

③絞り値をセット

絞りリングを動かして絞りをセット。写真のレンズの場合は、1.8-16までの数字の間を選べます。写真のレンズの場合、F1.8にセットされています。
(写真のカメラはOM-10)

絞りの数字は、装着するレンズによって異なります。悩んだらとりあえず5.6くらいにセットしてください。

(絞りについてはこちらを参照)


④ファインダーの露出計をチェック。

ファインダーの露出計。数字はシャッタースピードを表します。30は1/30秒。写真の針は1/125秒のところにあっています。

--1000より上のランプが光る場合は、絞り値を大きく(5.6→8、11など)する。

【てぶれについて】数字が下に行くほど、手振れ写真になりやすいです。例えば、50mmのレンズなら、1/60(60)より下のランプが点灯する場合、絞り値を大きくするか、しっかり固定する、三脚を使うなどする。

 

数字の横に赤いランプがないときは、スイッチがAUTOになっているか、確認してください。

また、AUTOにしてしばらく経過すると、ランプが消えるので、その場合は、軽くシャッターに触れるとまたつくようになります。

 

⑤ピント合わせ(こちらを参照)
⑥シャッターを押す(ぶれないように、カメラをしっかり固定する!)

撮影後はスイッチをOFFにしましょう。

                                  

絞りについて

・絞り値が小さい(開放、F1.8、2など)

大きなボケ感を楽しめます。ボケ感を楽しむのは一眼レフでの楽しみでもあります(^-^)しかし、絞り値を小さくすればするほど、かなり厳しくピント合わせをする必要があります。ピント合わせにずれがあると、本来合わせたいものにピントが合わない写真になることがあります。



撮りたいイメージに合わせて調節♪


・絞り値が大きい(絞る、F8など)

 ボケは少なくなりますが、広範囲にピントが合うようになります。
F5.6くらいの絞りから、全体の状況がわかりやすい写真になります。

---

 慣れてきたら、絞りをセットするときに、シャッタースピードも意識してみましょう☆絞り値を大きくすると、シャッタースピードは速くなり、絞り値を小さくすると、シャッタースピードは遅くなります。シャッタースピードは遅くなると手ぶれ写真になりやすくなります。                                     

                                                                                              

ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。ズームレンズの場合は、ズームも調節。

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す。

 ファインダーをのぞいて、真ん中にピントを合わせたいものを持ってきてよく見ます。ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、分断された像を一致させます。

 

 

f:id:papiocamera:20200913100107p:plain

絵のように分断された像がピタッと合うようにピントを調整する。

 上の絵のように分断されていることがわかりにくいときは、中央部付近がぼけている状態から、クリアに見える状態にピントを調整します。

ファインダー表示

真ん中のものにピントが合っていたら、真ん中の緑ランプが点灯。後ろにピントが合っていたら後ピンランプ、前にピントが合っていたら、前ピンランプが点灯します。

 

ピントを合わせたら、撮りたい構図にセットしなおして(カメラと撮りたいものとの距離は変えない)、シャッターを切り、撮影しましょう。

 【応用】露出補正

露出計どおりよりも、明るく、または暗く写したいときに。

上の写真は、感度100のフィルム使用時の感度設定。 露出補正+補正にしたい場合は、 ダイヤルを(持ち上げないで)矢印の方向に回します。
(ーが+1補正、=が+2補正)
マイナス補正したい場合は、矢印と逆方向に回します。
【応用】マニュアル撮影

マニュアルを選択すると、絞りだけでなくシャッタースピードの調整もできるようになります。

MANUALを選択 (写真はAUTOが選択された状態)

シャッターダイヤル(囲った部分の少し下)を回して、シャッタースピードを合わせます。 写真は1/1000秒にセットされている状態です。

その他の撮影動作は通常撮影と同様です。

セットするシャッタースピードは、露出計のランプを参考に。写真の場合、1/125秒が適正なので、1/125秒にセットするとよいでしょう。
撮影終了後

撮影後はスイッチOFFに (写真はAUTOが選択された状態)

(電池の消耗を避けるためなど) 

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

 

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、フィルムを巻き戻していきます。

 

Rのスイッチを矢印の方向に回す。
写真のようになればOK。
(写真のカメラはOM-10)

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。
(写真のカメラはOM-10)

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…

結構回します。回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 スコッと軽くなる瞬間がない、回すのが重くてフィルムがちぎれそう、などという場合は無理しないでください。そのままの状態で、カメラごと現像するお店に持って行きましょう。その場合裏蓋はあけないように。

巻き戻しクランクを上にあげて裏蓋を開けて、フィルムを取り出す。
(写真のカメラはOM-10)

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

最後に

この記事では、OLYMPUS OM-30の使い方を紹介しました。フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp

★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。
☆::::::★::::::☆