パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

FLUSH FUJICA / FLUSH FUJICA DATE の使い方♪

f:id:papiocamera:20201221152948j:plain





 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

FLUSH FUJICA / FLUSH FUJICA DATE の基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・マニュアルフォーカスカメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

 

 

FLUSH FUJICA / FLUSH FUJICA DATEの使い方♪

1:電池を入れる

 

 

 

f:id:papiocamera:20201221153028j:plain

単三電池二本を入れます。



f:id:papiocamera:20201221153107j:plain

バッテリーチェック。赤いボタンを押して緑のランプがついたらOK!(緑のランプが劣化していてつかないカメラもあるかもです)

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

f:id:papiocamera:20201221153218j:plain

裏蓋開放ノブを下げて裏蓋を開ける。右上のノブを左にスライドしておく。(左にスライドしないと、暗いときにシャッターが切れないため)

 

 

f:id:papiocamera:20201221153348j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張る

 

 

f:id:papiocamera:20201221153413j:plain

パトローネ(フィルムの筒)を入れて、巻き戻しクランクをしっかりもとに戻す。


 

 

f:id:papiocamera:20201221153447j:plain

フィルムの先をのばし、差し込みやすいスリットに差し込む


 

f:id:papiocamera:20201221153505j:plain

右に行ききるまでしっかり巻き上げる。




 

巻き上げ出来ない時はシャッターを切ってから試してみてください。

 

f:id:papiocamera:20201221153525j:plain

フィルムの穴と歯車がかみ合っているのを確認して、裏蓋を閉じます。

 

f:id:papiocamera:20201221153557j:plain

たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを時計回りに軽く回します。

 

f:id:papiocamera:20201221153612j:plain

シャッターを切る


 

フィルムカウンターが1になるまで、「巻き上げ⇒シャッターを切る」を繰り返します。

 

 

f:id:papiocamera:20201221153632j:plain

巻き上げ。フィルムがちゃんと装填できていれば、巻き上げと連動して、左の巻き戻しクランクがくるくる回ります。

 

f:id:papiocamera:20201221155323j:plain

シャッターを切る

 

f:id:papiocamera:20201221155402j:plain

フィルムカウンターが1になるころには、写り始めます。

 

f:id:papiocamera:20201221155415j:plain

右上のノブを右に戻しておきます。



 


3:感度をセットする

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムの場合はISO100なので、100です。

f:id:papiocamera:20201221155830j:plain

ASAの数字を感度の数字に合わせます。写真はASA200(ISO200)のところに合っています。




 

4:撮影

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

 

f:id:papiocamera:20201221153632j:plain

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ


右に回りきるまで。

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、下のピント合わせ→シャッターを押すをしてみます。


★ピント合わせ

 ピントリングを回して、ピントを合わします。

 

f:id:papiocamera:20201221160023j:plain

ピントリングを回してピントを合わせる。写真は3mのところに合っています。左側のピクトグラムでざっくりとピント合わせもできます。(写真は人三人のところにあっています)



 

目で見て撮りたいものまでの距離を判断し、ピントを合わせます。

 

------------------------------------------

★距離合わせのこつ★

 

 

・屋外のスナップ撮影(広い範囲をぱしゃっと撮るとき)

3mに合わせておくと、ピントが合いやすいです。

 

慣れるまでは、ピント合わせに失敗することもあるかもしれませんが、ピントが合っていなくて逆に面白い写真が撮れることも!?

 

 

 



シャッターを押します。

 

f:id:papiocamera:20201221155323j:plain

シャッターを押します。


暗いときはシャッターがロックされて切れません。

その時はフラッシュをつけます。

★フラッシュ撮影

 

f:id:papiocamera:20201221160350j:plain

フラッシュをONに。しばらくすると緑ランプが点灯(フラッシュOKのサイン)※ランプが劣化している個体はつかないことがあります。

 

 

次の撮影も、巻き上げノブでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!

 

 

★セルフタイマー

 

 

 

f:id:papiocamera:20201221160702j:plain

巻き上げ後、セルフタイマーレバーを下げる。シャッターを切ると、レバーが動き出し、数秒後にシャッターが切れます。

故障の原因となることがあるので、極力セルフタイマーレバーは使用しないほうが良いかと思います。

 

★DATE機能(日付の写し込み)

 

レンズの右にDATEという表記があるものは、日付の写し込みができます。

 

f:id:papiocamera:20201221161209j:plain

DATEのスイッチをONにして、カメラ上部のフラップを開ける。年・月・日のダイヤルをくるくる回して調節。(やさしくあつかってくださいね!)ONにしているときは、日付の印字が写真にされます。

 

f:id:papiocamera:20201221161325j:plain

フラップを開けてるときは、ファインダー内をのぞくとこんなかんじで見えます。年表示がいらない時は、こんな風に月と日だけ表示できます。

 

f:id:papiocamera:20201221161429j:plain

過去の年の印字をしても面白い。

時計が内蔵されているのではないので、日にちの設定はその都度してくださいね!

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

 

 

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

 

f:id:papiocamera:20201221161738j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します


 

f:id:papiocamera:20201221161754j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。






巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20201221161810j:plain

裏蓋を開いて、巻き戻しクランクを上に引っ張る






f:id:papiocamera:20201221161842j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。




 

 

 

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 


また、半年くらいたってくると、電池が消耗されるので、電池交換をしましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、FLUSH FUJICA / FLUSH FUJICA DATE の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。



papio.shop-pro.jp