パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

YASHICA ELECTRO 35GXの使い方♪

f:id:papiocamera:20201101123247j:plain

 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

YASHICA ELECTRO 35GX の基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・マニュアルフォーカスカメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

 

 

YASHICA ELECTRO 35GXの使い方♪

☆最初に☆

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

 

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。

 

まず、

 

ロックがかかっているときは、シャッターが切れません。

シャッターのロックを解除してください。

 ↓

f:id:papiocamera:20201101134017j:plain

上の写真の状態ではシャッターが切れないので、ロックを解除します。

 

f:id:papiocamera:20201101134111j:plain

ロックが解除された状態。これでシャッターが切れる状態です。

カメラを使用しない時は、ロックしておきましょう。


 

 ☆TRY☆「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」

f:id:papiocamera:20201101130036j:plain

フィルムの巻き上げ。巻き上げレバーが右に行ききるまで。


 

 

f:id:papiocamera:20201101131503j:plain

シャッターを押す。カシャン!という音がします。


 

☆上の動作ができない時☆

 

以下をためしてみてください。

 

・フィルムの巻き上げができない!というとき

シャッターを押すと巻き上げができます。

 

・逆にシャッターを押せない!というとき

巻き上げするとシャッターが押せます。

 

 

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 

フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 

「1:電池を入れる」から進み、「2:フィルムを入れる」を省略して、「4:撮影」に進んでください。

 

 

 

1:電池を入れる

f:id:papiocamera:20201101124717j:plain

電池室を開ける



現在入手困難な水銀電池使用のカメラなので、代替電池を使用します。
今回は自作のアダプター&アルミホイルでかさまししたものを入れます。

 

f:id:papiocamera:20201010145448j:plain

自作のアダプター&アルミホイルでかさまししたもの(別のカメラの写真を使用していますが、電池の入れ方は同様です。

 

電池はSR44かLR44。電池の向きは注意してください。アルミホイル側が+になるようにして電池とホイルをゴムチューブに入れています。チューブでなくてもビニールテープなどで巻いても可能。

 

片側に直列に二個入れて、片側にアルミホイルを詰めるというやり方もあるようです。

 

※作成の際は自己責任でお願いいたします。

f:id:papiocamera:20201101124747j:plain

電池の向きは注意してください!電池室内でぐらぐらしないようにして蓋を閉めます。



(気になるようでしたら、アダプターを別途他サイトにてご購入いただきご使用ください。アダプターを付けると、SR44かLR44をこのカメラに使用可能な大きさに変えられます。)

 

 

バッテリーチェックをします。

f:id:papiocamera:20201101134501j:plain

バッテリーチェックボタンを押して、フィルムカウンターが光ればOK!

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 シャッターのロックは解除しておいてください(☆最初に☆を参照。)

 

 (一部別のカメラの写真を使用して説明していますが、装填方法は同様です)

f:id:papiocamera:20201007125410j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張る上に引っ張って、裏蓋を開ける

f:id:papiocamera:20201007125436j:plain

パトローネ(フィルムの筒)を入れて、巻き戻しクランクをしっかりもとに戻す。

 

f:id:papiocamera:20201010151630j:plain

フィルムの先をのばし、差し込みやすいスリットに差し込む

 

f:id:papiocamera:20201010151654j:plain

右に行ききるまでしっかり巻き上げる。



 

巻き上げ出来ない時はシャッターを切ってから試してみてください。

 

f:id:papiocamera:20201010151714j:plain

フィルムの穴と歯車がかみ合っているのを確認して、裏蓋を閉じます。

f:id:papiocamera:20201007125730j:plain

たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを時計回りに軽く回します。

 

f:id:papiocamera:20201010151732j:plain

シャッターを切る(ロックがかかっていると切れません)

 

フィルムカウンターが1になるまで、「巻き上げ⇒シャッターを切る」を繰り返します。

 

f:id:papiocamera:20201007125920j:plain

巻き上げ。

f:id:papiocamera:20201007125806j:plain

シャッターを切る

f:id:papiocamera:20201101125729j:plain

フィルムカウンターが1になるころには、写り始めます。



 


3:感度をセットする

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムの場合はISO100なので、100です。

f:id:papiocamera:20201101125935j:plain

ASAの数字を感度の数字に合わせます。写真はASA200(ISO200)のところに合っています。

 

4:撮影

 

 巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→絞り合わせ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

 

★最初に★

 シャッターのロックは解除しておいてください(☆最初に☆を参照。)

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

f:id:papiocamera:20201101130036j:plain

巻き上げレバーを右に行ききるまで動かす




右に回りきるまで。

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、下にすすみます。

 

絞り合わせ

お天気に合わせて絞りリングを動かして調節します。

f:id:papiocamera:20201101131226j:plain

この写真では絞りがf1.7に合っています。

 

絞りを合わせたら、シャッターを軽く押してみます。

 

f:id:papiocamera:20201101131503j:plain

シャッターを半押ししてみる。(ロックは解除しておく)

露出が適正であれば、上の写真のように、カメラ上部の明かりは点灯しません。

明かりは点灯しなければ、ピント合わせに進みます。

 

 

★赤ランプが点灯→露出オーバー(明るすぎる写真になる)★

f:id:papiocamera:20201101132528j:plain

赤ランプが点灯→露出オーバー

明るすぎる写真になるので、絞りリングを赤の矢印の方向に動かして、絞りの数字を大きくしていきます(f4→f11など)。

 

再びシャッター半押しし、ランプが光らなくなったらピント合わせに進みます。

 

 

★黄色ランプが点灯→手振れ警告★

 

f:id:papiocamera:20201101131710j:plain

黄色ランプ点灯(手振れ警告)

黄色ランプが点灯するときは、露出は適正です。

そのまま撮影すると手振れするかもしれないので、しっかり固定して撮影するか、絞りリングを黄色の矢印の方向に動かして、絞りの数字を小さくしていきます。

 

f:id:papiocamera:20201101132215j:plain

絞りリングを動かして絞りの数字を小さくし、再びシャッター半押し。黄色ランプが光らなくなった。
ピント合わせ

f:id:papiocamera:20201101132945j:plain

ピントリングを回し、ピントを合わせます。写真は大体1mくらいにあっています。




ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。


ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものを中心の黄色いひし形に合わせて見ると、ピントが合っていない場合二重に見えます。

 

f:id:papiocamera:20200527153603j:plain

ペンが二重に見えます。(別のカメラのファインダー内の写真です。)

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、二重の像を一致させます。

f:id:papiocamera:20200527153659j:plain

二重の像が合致。ピントが合っている状態です。(別のカメラのファインダー内の写真です。)

 

シャッターを押します。

f:id:papiocamera:20201101131503j:plain

シャッターを押す



*ロックがかかっている状態だと、シャッターが切れません。


次の撮影も、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→絞り合わせ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!

 

 

★撮影後は★

シャッターのロックをしておきます。

電池の消耗を防ぐためです。


5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

 

f:id:papiocamera:20201007134514j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します

 

f:id:papiocamera:20201007134536j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。





巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20200913101410j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開く






f:id:papiocamera:20200913101429j:plain

裏蓋が開きます。フィルムはパトローネ(フィルムの筒)の中に入り込んでいます。


 

 

f:id:papiocamera:20201007134714j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

 

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 


また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、YASHICA ELECTRO 35GX の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

papio.shop-pro.jp