〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

CANON EOS KISS 7の使い方♪

f:id:papiocamera:20210712145711p:plain



フィルムカメラ専門店パピオカメラです。この記事では、CANON EOS KISS7の基本的な使い方を紹介します。フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 全ての機能についての解説は書ききれないので、主に全自動モードでの使い方を中心に説明していきます。説明書どおりでない場合もありますので、ご了承ください。

  当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。

CANON EOS KISS 7の使い方♪

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。「1:電池を入れる」から進み、「3:フィルムを入れる」を省略して、「5:撮影」に進んでください。

 

■ファンクションについて

※すべてのボタンや機能についての解説は書ききれないので、一部の機能を簡単に紹介します。

 

モードダイヤルをPに合わせて「FUNC.」ボタンを押し、設定したいモードの横に印を表示させます。写真下の☆ダイヤルを主に使用します。

 

f:id:papiocamera:20210717121739j:plain

モードダイヤルをPに

 

f:id:papiocamera:20210715104022j:plain

「FUNC.」ボタン
DATEモード

「FUNC.」ボタンを押し、「DATE」の横に印を表示させるとDATEモードに。

f:id:papiocamera:20210717121830j:plain

DATEモード

<日付の設定>

DATEモードにします。SETボタンを押すと左の数字から順に点滅します。☆ダイヤル(シャッター近くのダイヤル)をくるくる回して、設定し、SETを押すを繰り返します。最後まで設定してSETを押したら設定終了。

<日付の写真への写しこみ>

DATEモードにします。☆ダイヤル(シャッター近くのダイヤル)をくるくる回すと液晶の表示が日付になったり、時刻になったり、「-- -- --」になったりします。液晶に表示されているものが写真に写しこまれます。何も写しこみたくない場合は「-- -- --」を選んでください。

 

感度設定モード

通常は感度設定は自動にされるので不要ですが、DXコードがついていないフィルムを使用する場合などに使います。

「FUNC.」ボタンを押し、「ISO」の横に印を表示させます。

f:id:papiocamera:20210717122533j:plain

感度(写真は感度100に設定されている状態)

 ☆ダイヤル(シャッター近くのダイヤル)をくるくる回して、液晶の数字を変更して設定します。

 

赤目軽減

フラッシュを使うときに、赤目を軽減したい場合などに使います。

「FUNC.」ボタンを押し、「目のマーク」の横に印を表示させます。

 

f:id:papiocamera:20210717122935j:plain

赤目軽減モード(1は軽減機能あり)

 ☆ダイヤル(シャッター近くのダイヤル)をくるくる回して、液晶の数字を1か0に変更して設定します。1は軽減機能あり、0はなしです。

 

音機能

ピントが合ったときや手ぶれ警告音などをあり・なしにする機能です。

「FUNC.」ボタンを押し、「音のマーク」の横に印を表示させます。

f:id:papiocamera:20210717123251j:plain

音機能

 

 ☆ダイヤル(シャッター近くのダイヤル)をくるくる回して、液晶の数字を0か1か2に変更して設定します。0は音なし、1はピントが合ったときに音&セルフタイマー時に音あり、2は1の機能+手ぶれ警告音ありです。

 

1:電池を入れる

電池室を開けて、電池を入れます。

f:id:papiocamera:20210712145918j:plain

電池室はカメラ底から開けられます。CR2を2本使用します。

電池を入れて、電池室を閉じます。

 


 

2:レンズを付ける

 ※すでについている場合は省略

f:id:papiocamera:20210712155125j:plain

ミラーは触らないようにしてください!

内部にはなるべくほこりなどはいらないように。

以下、写真は別の機種のカメラ(初代EOS KISS)ですが、操作は同様です。

 

 

f:id:papiocamera:20210201155923j:plain

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる



f:id:papiocamera:20210201155944j:plain

写真のように時計回りにレンズを回して装着

*レンズを外すときは…

f:id:papiocamera:20210201160017j:plain

ボタンを押しながら、レンズを反時計回りに回す。

3:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 以下、写真は主に別の機種のカメラ(初代EOS KISS)ですが、操作は同様です。

f:id:papiocamera:20210201160102j:plain

裏蓋開放ノブで裏蓋を開ける

f:id:papiocamera:20200913134011j:plain

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。(写真は違う機種のカメラです)

 

f:id:papiocamera:20210201160204j:plain

パトローネ(フィルムの入った筒)を入れる

f:id:papiocamera:20210201160245j:plain

フィルムの先端をオレンジの線まで引き出す。



 裏蓋をしっかり閉じる。

 

f:id:papiocamera:20210201160532j:plain

モードダイヤルを□に合わせます

 

正しくフィルムが装填できていれば、フィルムカウンターが動き始めます。

フィルムカウンターが撮影可能枚数付近の数字になります。

 

f:id:papiocamera:20210712150829j:plain

24枚撮りのフィルムを装填し、フィルムカウンターが24になったのでOK!

 

先にフィルムをすべて巻き上げるタイプのカメラです。

 

フィルムカウンターが動かなかったら…

電源は入れましたか?(モードダイヤルを□などにセット)電源を入れても動かなければ、裏ブタを開けて装てんしなおします。フィルムの引き出し量を調節してください。

 

✋注意
フィルムカウンターが動いたら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!           

  

 すぐに撮影しない時は、モードダイヤルを回してOFFにセットしておきましょう。 

 

4:感度をセットする 

基本的には不要です。カメラが自動で感度を感知して、設定してくれます。

 

※DXコードがついていないフィルムの場合は、設定が必要です。このブログの最初のほうの「感度設定モード」を参考に設定してください。

 

5:撮影

全自動撮影

たくさん書いていますが、簡単に言えば、以下の③ステップで撮れます。

  1. モードダイヤルを□(全自動)
  2. ファインダーをのぞいて撮りたいものを見ながらシャッター半押し(半押しのまま次へ)
  3. シャッター全押し

細かいことは下にたくさん書いているので、分からない点はみていってください☆

 

※以下操作が同様な部分に関しては、別の機種のカメラ(初代EOS KISS)の写真を用いています。

 -------------

レンズはAFに設定しておいてください。

 

f:id:papiocamera:20210208104258j:plain

AFに設定

 -------------

 

f:id:papiocamera:20210717144105j:plain

モードダイヤルを□(全自動)に合わせます

 暗い場所などでは、カメラが感知して、自動的にフラッシュがつきます。

 フラッシュが発光フラッシュを光らせたくないときは、□(全自動)ではなく発光禁止モードにセットします。

 

○ピント合わせ

ファインダーをのぞき、被写体を見ながらシャッターを半押しにします(半押しのままにしておく)

とりたいものにピントがあい、露出(明るさ)も決まります。

 

決まった露出の情報は液晶とファインダー内下に表示されます。

 

 ↓写真

 

f:id:papiocamera:20210712153755j:plain

液晶に露出の情報。暗いときにはストロボが立ち上がります。

f:id:papiocamera:20210712153840j:plain

ファインダー内情報



■緑ランプの確認

・緑ランプがついたら、ピントOK。音機能(1か2)を使用していれば、ピントが合ったときぴピッと音がします。

緑ランプがちかちか点滅したら、ピントが合っていません。シャッターが切れません。一度シャッターから手を離し、ピントを合わせなおしてください。

※最短撮影距離より近すぎる場合はピントが合いません。

※音機能がOFFになっている場合設定が必要です。このブログの最初のほうの「音機能」を参考に設定してください。

 

シャッタースピードの数字が点滅する場合

 手振れ写真になりやすいので注意!

撮影する場合はしっかり固定しましょう。音機能(2)を使用していれば、手振れしそうなとき、ぴーぴーとお知らせしてくれます。ぴーぴー鳴っても撮れますが、手振れ写真になりやすいので、カメラをしっかり固定してください。

 ※音機能がOFFになっている場合設定が必要です。このブログの最初のほうの「音機能」を参考に設定してください。

 

★ シャッター半押しのときに、ストロボが立ち上がったら…

撮影時フラッシュがつきます。

 暗い場所などでは、カメラが感知して、自動的にフラッシュがつきます。

 

f:id:papiocamera:20210712153954j:plain

ストロボが立ち上がったときのファインダー内

ストロボ充電が終わったら、撮影できます。

 

★ レンズについて。

 

四角で囲ったあたりを回すと、ズームできます。

AFでどうしても緑ランプがつかずピントが合わないとき、MFスイッチに移動して手動でピントを調節できます。

 

※付けるレンズによって異なる場合があります。

f:id:papiocamera:20210209120646j:plain

レンズEF35-80mm F4-5,6 III

○構図を決めてシャッターを押す

シャッターを半押しにしたまま、撮りたい構図にセットしなおします。(カメラと撮りたいものとの距離は変えない)

 

 そのままシャッターを押し切り、撮影しましょう。

 

○撮影終了後

撮影を終えたら、モードダイヤルをOFFに切り替えておきます。ストロボが立ち上がった場合は、手で押し戻しておきます。

 -----------

☆いろんな撮影モード☆

慣れてきたら使ってみたい、撮影モードです。ボケ感のある撮影をしたいときはAv(絞り優先)撮影など、状況に応じてお試しください。

※次の撮影モードではフラッシュは自動ではつきません。プログラムAE・シャッター優先AE・絞り優先AE・マニュアル露出AE・自動深度優先AEモード

f:id:papiocamera:20210717145411j:plain

フラッシュをつけたいときは、○のボタンを押すと、ストロボが立ち上がり、フラッシュがつきます。

 

 P(プログラムAE)撮影

カメラが自動で露出を決めてくれます。全自動モードと同じように撮影できます。

 

f:id:papiocamera:20210717124239j:plain

モードダイヤルを「P」にセット

モードダイヤルを「P」にセット後は、全自動撮影と同様に撮影します。

 

Tv(シャッター優先AE)撮影

f:id:papiocamera:20210713154612j:plain

TV撮影

①「Tv」にセット

②液晶を見ながらシャッター近くの「ダイヤル」でシャッタースピードをセット

f:id:papiocamera:20210713154707j:plain

液晶にセットしたシャッタースピードが表示される。

③ファインダーをのぞき、被写体を見ながらシャッターを半押しにします(半押しのままにしておく)。ファインダー内にシャッタースピードと絞り値が表示されます。絞り値が点滅していたら、シャッタースピードを変えます。

あとは全自動撮影と同様、ズーム、構図などを調節して、シャッター全押しして撮影

 

Av(絞り優先AE)撮影

f:id:papiocamera:20210713155331j:plain

Av撮影

①「Av」にセット

②液晶を見ながらシャッター近くの「ダイヤル」で絞り値をセット

f:id:papiocamera:20210713155412j:plain

液晶にセットした絞り値が表示される。

③ファインダーをのぞき、被写体を見ながらシャッターを半押しにします(半押しのままにしておく)。ファインダー内にシャッタースピードと絞り値が表示されます。ファインダー内にシャッタースピードと絞り値が表示されます。シャッタースピード値が点滅していたら、絞り値を変えます。

あとは全自動撮影と同様、ズーム、構図などを調節して、シャッター全押しして撮影

 

M(マニュアル)撮影

f:id:papiocamera:20210713160314j:plain

M撮影

①「M」にセット

②液晶を見ながらシャッター近くの「ダイヤル」でシャッタースピード値をセット。絞り値セットボタンを押しながら、「ダイヤル」で絞り値をセット。

f:id:papiocamera:20210713160503j:plain

液晶にセットしたシャッタースピード・絞り値が表示される。

 

③ファインダーをのぞき、被写体を見ながらシャッターを半押しにします(半押しのままにしておく)。ファインダー内にシャッタースピードと絞り値が表示されます。

露出が適正かどうかは、ファインダー下部で確認します。「-2・1・▼・1・2+」の▼の下のところに■のマークがきていればOKです。あっていなかったら、シャッタースピード・絞り値を変更する。

あとは全自動撮影と同様、ズーム、構図などを調節して、シャッター全押しして撮影

 

A-DEP(自動深度優先AE)

近くから遠くまで全体にピントが合う撮影をしたいときに。「A-DEP」にセット後は、通常撮影と同様に撮影します。

 

露出補正

プログラムAE・シャッター優先AE・絞り優先AE・マニュアル露出AE・自動深度優先AEモードで使用できます。

 

f:id:papiocamera:20210717142013j:plain

露出補正。写真は+1の状態(■のところ)

露出補正ボタン(○のボタン)を押しながら、☆のダイヤルをくるくる回す。 液晶の下部の「-2・1・▼・1・2+」の下のところの■マークが移動します。最初は▼の位置にありますが、右に動かすと+補正、左に動かすと-補正です。好きな位置で止めます。

 

AFフレーム選択(真ん中でピントを合わせたいとき)

プログラムAE・シャッター優先AE・絞り優先AE・マニュアル露出AE・自動深度優先AEモードで使用できます。通常は、七点のAFフレームのうちからカメラが自動でピントを合わせてくれますが、真ん中でピントを合わせたいときに。

 

f:id:papiocamera:20210717142719j:plain

○のボタンを押すと写真のような液晶表示になる。☆のダイヤルをくるくる回す。

f:id:papiocamera:20210717142822j:plain

真ん中に-が表示されればOK

真ん中以外にも設定できます。

 

その他撮影モード

f:id:papiocamera:20210715101839j:plain

モードダイヤル

ポートレート--

人物を撮影するときに。背景をぼかしたような写真になります。

・風景--

風景を撮影するときに。

・クローズアップ--

お花などを大きく撮りたいときに。

・スポーツ--

動いている人をとまっているように撮りたいときに。

・夜景ポートレート--

夜景で人物をきれいに撮りたいときに。

 

6:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、カメラが自動でフィルムを巻き戻してくれます。

巻き戻し音が止まったら裏ブタをあけてフィルムを取り出します。

 

f:id:papiocamera:20210208114459j:plain

裏ブタをあける


カメラを傾けると取り出しやすいです。 フィルムを取り出し、その後長期間撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

最後に

 この記事では、CANON EOS KISS 7の使い方を紹介しました。フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp

★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。
☆::::::★::::::☆