〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

YASHICA ELECTRO 35 GSの使い方♪

f:id:papiocamera:20211003124913p:plain


フィルムカメラ専門店パピオカメラです。この記事では、YASHICA ELECTRO 35 GSの基本的な使い方を紹介します。フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・マニュアルフォーカスカメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。


YASHICA ELECTRO 35 GSの使い方♪

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。フィルムをいれたり撮影する前に、慣れておきましょう♪

☘動画☘

別機種のカメラですが、動作の流れがわかります。


www.youtube.com

 

「巻き上げ⇒シャッターを押す」

f:id:papiocamera:20211005135944j:plain

左手でカメラを持ち、右手親指で巻き上げ。巻き上げレバーが右に行ききるまで。



f:id:papiocamera:20211004162923j:plain

シャッターを押す。カチャンと音がします。
※シャッターロックは解除しておいてくださいね。

上の動作ができない時

 以下をためしてみてください。

  •  巻き上げができない→シャッターを押すと巻き上げができます
  • シャッターを押せない→しっかり右に行くまで巻き上げするとシャッターが押せます。
  • シャッターロックは解除
・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

「2:フィルムを入れる」を省略して、「4:撮影」に進んでください。

 

1:電池を入れる

このカメラの電池はもう生産していないので、アダプターを使います。アダプターに現在発売されている電池、4LR44を入れるとカメラを使うことができます。

 

f:id:papiocamera:20211004163055j:plain

アダプターに電池4LR44を入れる。

f:id:papiocamera:20211004163203j:plain

底にある電池室のふたを、コインなどでくるくる回してあける。電池入りアダプターを入れて、ふたを閉める。電池はマイナスが奥、プラスが手前側。

↓バッテリーチェック

f:id:papiocamera:20211004163317j:plain

バッテリーチェックボタン(親指の辺りの赤のボタン)を押して、フィルムカウンターが光ればOK

2:フィルムを入れる

 35mmフィルムを入れます。直射日光は避けた場所で入れましょう。

 

裏ぶたをあけます。

f:id:papiocamera:20211004163543j:plain

巻き戻しクランクを上に上げる。ぐいっと持ち上げると、裏蓋が開きます。

f:id:papiocamera:20211004163627j:plain

写真のように、パトローネ(フィルムが入った筒)を入れ、巻き戻しクランクを元の位置にしっかり戻します。

f:id:papiocamera:20211004163726j:plain

フィルムの先端を差し込みやすいスリット(巻取り軸の溝)に差し込む。大体フィルムの先から2つ目くらいの穴が、スリットの近くの突起(四角のあたり)にはまるイメージ。

f:id:papiocamera:20211004163855j:plain

巻き上げレバーを右に行ききるまでまわして、フィルムを巻き上げる。写真のように、フィルムの裏側の茶色の部分が見えていればいい感じ。歯車の歯とフィルムの穴がかみ合っていることを確認して、裏ぶたをしっかり閉じる。

巻き上げができない→シャッターを押すと巻き上げができます(シャッターのロックは解除します。記事上部にある、「フィルム装填や撮影で必ず行う動作」を参照ください。)

 

巻き上げると、フィルムの先端が上の写真のように、巻取り軸に巻き込まれていきます。フィルムの装填って難しそうですが、要は、巻取り軸にフィルムの先端がしっかり巻き込まれて、フィルムがちゃんと平行に送られていけばいいわけです♪

f:id:papiocamera:20211004164153j:plain

裏ぶたをしっかり閉じた後、巻き戻しクランクを時計回りに、軽く重みを感じるまでまわして、たわみをとる。

やりすぎ注意!

  

f:id:papiocamera:20211004162923j:plain

シャッターを押す

※シャッターが押せない→

  • 巻き上げレバーを右に回しきってから押してください。
  • シャッターのロックは解除してください。

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き上げレバーを引く⇒シャッターを押す」を繰り返して、フィルムカウンターが1になるまでフィルムを送ります。

 

f:id:papiocamera:20211005135944j:plain

巻き上げレバーを引く。フィルムがちゃんと装填できていれば、巻き上げレバーに連動して、巻き戻しのクランクはくるくるまわる。

f:id:papiocamera:20211004162923j:plain

シャッターを押す

  +++—————————————————————————+++

✎CHECKー装てんできているかー

 ポイントは、フィルムをセットして裏ぶたを閉じたあと、巻き上げ時に巻き戻しクランクをチェックすること!

巻き上げと連動して、巻き戻しクランクが動いていたら、フィルムは装てんできています!フィルムカウンターが1になるころでも巻き戻しクランクが動いていなかったら、スリットからフィルムの先端が抜けている可能性が高いです。その場合は裏ぶたを開けて、装てんをしなおせばOK🙆

(フィルムにたるみがある場合は、すぐには巻き戻しクランクが動きません)

+++—————————————————————————+++

 

f:id:papiocamera:20211004164404j:plain

フィルムカウンターが1あたりに

✋注意
フィルムカウンターが1になったら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!

 

3:感度をセットする

 フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

f:id:papiocamera:20211004164435j:plain

感度調節リング(外側のぎざぎざ部分)をくるくる回して、感度を合わせます。

上の写真はASA(ISO)200のところに合っています。

 

4:撮影

 

 ☆巻き上げ・シャッターの動作はこちら


①巻き上げ

f:id:papiocamera:20211005135944j:plain

右に行ききるまで巻き上げ
②AUTOにセット&露出をセット

f:id:papiocamera:20211005094725j:plain

絞りリングを動かして絞りをセット。赤の線に合わせてセットします。写真の場合は、曇りマーク(F4)にセットされています。

・まずは、AUTOにセット(写真のピンクの枠のところのようにセット)

・次に、お天気に合わせて絞りをセットします。

 

☀️(太陽)F16/11/8 日差したっぷりの屋外

💭(くも)F5.6/4/2.8 くもりや日陰

🏠(窓)F12/1.7 室内

---

〔絞りの数字(天気マークより手前の1.7~16までの数字)について〕

・ 絞りの数字を小さくすると、暗いところでも撮りやすくなり、ボケ感を楽しむ写真が撮れます。一方、ピントの距離が少しずれると、ピンボケしやすくなります。

・絞りの数字を大きくすると、明るい場所で撮りやすくなります。全体にピントが合いやすくなり、ピンボケはしにくくなります。

---

絞りを合わせたら、シャッターを軽く押してみます。

f:id:papiocamera:20211004162923j:plain

シャッターを半押ししてみる。(ロックは解除しておく)

露出が適正であれば、ファインダー上部やカメラ上部のランプは点灯しません。ランプが点灯しなければ、ピント合わせに進みます。

 

★赤ランプが点灯→露出オーバー(明るすぎる写真になる)★

f:id:papiocamera:20211005140106j:plain

ファインダー内上部に赤ランプ

f:id:papiocamera:20211005095657j:plain

赤ランプが点灯→露出オーバー

明るすぎる写真になるので、絞りリングを赤の矢印の方向に動かして、絞りの数字を大きくしていきます(f1.7→f4など)。

 

再びシャッター半押しし、ランプが光らなくなったらピント合わせに進みます。

 

★黄色ランプが点灯→手振れ警告★

f:id:papiocamera:20211005140130j:plain

ファインダー内上部に黄ランプ

f:id:papiocamera:20211005095740j:plain

黄色ランプ点灯(手振れ警告)

黄色ランプが点灯するときは、露出(明るさ)は適正です。

そのまま撮影すると手振れするかもしれないので、しっかり固定して撮影するか、絞りリングを黄色の矢印の方向に動かして、絞りの数字を小さくしていきます。絞りリングを動かした場合、再びシャッター半押しし、ランプが光らなくなったらピント合わせに進みます。

 

③ピント合わせ

f:id:papiocamera:20211005095952j:plain

矢印の先のピントリングを回し、ピントを合わせます。写真は大体2mくらいにあっています。

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

f:id:papiocamera:20211005140152j:plain

ファインダー内


ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものを中心の黄色いひし形に合わせて見ると、ピントが合っていない場合二重に見えます。

f:id:papiocamera:20200527153603j:plain

ペンが二重に見えます。(別のカメラのファインダー内の写真です。)

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、二重の像を一致させます。

f:id:papiocamera:20200527153659j:plain

二重の像が合致。ピントが合っている状態です。(別のカメラのファインダー内の写真です。)
④シャッターを押します。

f:id:papiocamera:20211004162923j:plain

シャッターを押す

シャッターを押すことにより、1枚写真が撮れます。*ロックがかかっている状態だと、シャッターが切れません。

 

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

 

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、フィルムを巻き戻していきます。

f:id:papiocamera:20211005100119j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します

f:id:papiocamera:20211005100138j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。


 巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 スコッと軽くなる瞬間がない、回すのが重くてフィルムがちぎれそう、などという場合は無理しないでください。そのままの状態で、カメラごと現像するお店に持って行きましょう。その場合裏蓋はあけないように。

 

f:id:papiocamera:20211005100214j:plain

裏蓋を開ける。

f:id:papiocamera:20211005100228j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

フィルムを取り出したら、お早めに現像に出しましょう!

最後に

 この記事では、YASHICA ELECTRO 35 GS の使い方を紹介しました。フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

papio.shop-pro.jp

★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。
☆::::::★::::::☆