パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

MINOLTA HI-MATIC 7Sの使い方♪

f:id:papiocamera:20200527144137j:plain

 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

MINOLTA HI-MATIC 7Sの基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

「MINOLTA HI-MATIC 7S」は、MINOLTAのマニュアルフォーカス・フィルムコンパクトカメラです。

f1.8の大口径の明るいレンズを搭載した実力派!

写りがよいだけでなく、シルバーボディがなんともクラシックなフィルムカメラらしく、デザインがとてもおしゃれ。


露出をオートにセットすれば、撮影はピント合わせをしてシャッターを押すだけです。

 


MINOLTA HI-MATIC 7Sの使い方♪


1:電池を入れる

 

f:id:papiocamera:20200527145127j:plain

底にある電池室に、電池を入れます。



コインなどを溝にあててくるくるして、開けます


カメラの電池(水銀電池)は現在発売されていないため、
代替電池を使用します。

 

電池を入れて、電池室を閉じます。

 

2:フィルムを入れる

 

35mmフィルムを入れます。

 

f:id:papiocamera:20200527145249j:plain

下に引っ張って、裏蓋を開ける

f:id:papiocamera:20200527145329j:plain

フィルムを入れ、先を少し引き出す

f:id:papiocamera:20200527145353j:plain

フィルムの先を巻取り軸の溝に差し込む

f:id:papiocamera:20200527145423j:plain

溝に差し込んだ状態

f:id:papiocamera:20200527145455j:plain

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

やさしく、右の方向に行ききるまで

 

f:id:papiocamera:20200527145525j:plain

フィルムの穴と歯車がかみ合うように

f:id:papiocamera:20200527145548j:plain

裏蓋を閉じる

f:id:papiocamera:20200527145618j:plain

巻き戻しクランクを時計回りに軽く回し、フィルムのたるみをとる

重みが感じられる程度まで回します。

 

f:id:papiocamera:20200527145702j:plain

シャッターを押す

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き戻しレバーを引く⇒シャッターを押す」を繰り返してフィルムを送ります。

 

f:id:papiocamera:20200527145826j:plain

フィルムカウンターが1になれば撮影できます。

f:id:papiocamera:20200527145849j:plain

巻き上げが成功していれば、フィルムカウンターが1になるあたりで、小窓に赤い印が出てきます。

赤い印が出たら、撮影可能です。

 

*シャッターが押せない時は、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げてから押す

*暗いところやレンズにレンズキャップをした状態だと、シャッターが切れません。

*この過程で左の巻き戻しのレバーがくるくるまわれば、フィルムはちゃんと送られています。撮影をするたびに、この巻き戻しのレバーはくるくるまわります。

 

3:感度をセットする

 

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200527150249j:plain

左右に回して、ASAの数字をフィルムのISO感度と同じにします

上の写真はASA50のところに合っています。

 

 

4:撮影

露出AUTO(プログラムEE)

露出をAUTOに設定すれば、カメラが自動で露出を合わせてくれます。

f:id:papiocamera:20200527150614j:plain

シャッター速リング、絞りリングともに、白いマークに赤いAの文字を合わせます。

(写真上がシャッター速度リング、下が絞りリング)

上の写真のように合わせれば、露出はオートになります。

 

基本の撮影

露出をオートにしたら、

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

 

f:id:papiocamera:20200527145455j:plain

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

やさしく、右に回りきるまで。

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、下のピント合わせ→シャッターを押すをしてみます。

 

ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 

f:id:papiocamera:20200527153438j:plain

ファインダー

ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものを中心の黄色い四角に合わせて見ると、ピントが合っていない場合二重に見えます。

 

f:id:papiocamera:20200527153603j:plain

ペンが二重に見えます。

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、二重の像を一致させます。

 

f:id:papiocamera:20200527153636j:plain

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す

f:id:papiocamera:20200527153659j:plain

二重の像が合致。ピントが合っている状態です。

 

ファインダー内を見ると、メータの針が動いています。

 

f:id:papiocamera:20200527153835j:plain

右に露出計



針が右の赤いゾーンに入った時は、「適正露出ではない(明るすぎるか暗すぎる)」ということです。

その場合はシャッターが切れないようになっています。


メータの見方が分からない場合、意識するのは針が右の赤いゾーンに入った時だけでOKです。

 

 

ピントを合わせたら、シャッターを切り、撮影しましょう。

f:id:papiocamera:20200527145702j:plain

シャッターを切る

次の撮影も、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!

 

マニュアル露出

シャッタースピードや絞りを調整してみたくなったら、マニュアルでの撮影も可能です!

 

まず、ファインダーをのぞき、写したいものを見たときの露出計の数値をチェックします。

 

f:id:papiocamera:20200527153835j:plain

写真の場合、数値が8になっています。

この数値を覚えておいてください。

 

f:id:papiocamera:20200527154942j:plain

ボタンを押しながら、シャッター速度リングや絞りリングを動かします。

f:id:papiocamera:20200527155040j:plain

EVの窓のところが、露出計の数字と同じになっていればOK

上の写真では、シャッタースピードが1/30秒、絞りが2.8になっています。

 

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

f:id:papiocamera:20200527155411j:plain

底のボタンを押します

 

f:id:papiocamera:20200527155435j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにひたすら回します。

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20200527155512j:plain

裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

f:id:papiocamera:20200527155523j:plain

 


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。
また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

6:セルフタイマー

セルフタイマーは露出オートでは使えません。

 

撮影前に、フィルム巻上げ、ピント合わせやシャッタースピード・絞りなどを合わせておきましょう。

 

f:id:papiocamera:20200527155750j:plain

Vと書いてあるところを下に動かします。

そのあとシャッターを押すと、数秒後にシャッターが切れます。