〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

FUJI DL-700 ZOOMの使い方♪

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。この記事では、FUJI DL-700 ZOOMの基本的な使い方を紹介します。

FUJI DL-700 ZOOMの使い方♪

1:電池を入れる

CR123A 1本使用

電池室をあけ、電池を入れます。電池はCR123Aを1本使用します。

 

 

 

 

電池を入れたら、電池ぶたを閉めます。

2:フィルムを入れる

フィルムの装てんはDROP IN LOADING🍿

フィルムをカメラ底からぽんっとセットして蓋するだけで、自動装てんされます。先にフィルムを枚数分前後巻き上げるタイプのカメラなので、「ちゃんとフィルムが巻き上げられてるかな?」という不安も少ないと思います。

フィルムの装填(動画)

別機種のカメラですが、装填の仕方のご参考に。

www.youtube.com

 

フィルムの装填

35mmフィルムを入れます。

裏蓋開放ノブで裏蓋を開ける



フィルムをポン

フィルムの先端が白線の範囲に来るように。来ていなかったら先端を、範囲内に来るように引き出してください。

奥までポンっと入れて、裏蓋を閉じます。

蓋を閉めると、自動でフィルムの巻き上げを開始します。

24枚撮りフィルムを入れた場合、フィルムカウンターには24(25の時もあります)の数字が表示されます。

フィルムカウンター
フィルムカウンターには撮影可能なフィルムの残り枚数が表示されます。
写真の場合は、残り19枚撮影できます。

電源を入れてみても、フィルムカウンターの数字が表示されなかったら…

裏ブタを開けて装てんしなおします。フィルムの引き出し量を調節してください。

 

✋注意
フィルム装てんが完了したら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!

 

3:日付・時間をセットする

セットしなくても撮影は可能ですが、写真に正しい日付を写しこみたいなら、必須です。

※※現在の西暦は設定できないカメラです。(令和)04年など和暦での設定をするか、過去の西暦のままでの設定となります。日付の写しこみはOFFにできます。

日付セットに使用するボタン



  MODEボタンで液晶に「年・月・日」を表示させる

SELECTボタンを押す(年が点滅)→SETボタンで現在の年に変更する→

SELECTボタンを押す(月が点滅)→SETボタンで現在の月に変更する→
SELECTボタンを押す(日が点滅)→SETボタンで現在の日に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

 MODEボタンで液晶に「(日)・時・分」を表示させる

SELECTボタンを押す(時間が点滅)→SETボタンで現在の時間に変更する→
SELECTボタンを押す(分が点滅)→SETボタンで現在の分に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

☘日付写し込みについて☘

背面の液晶に表示されている日付が写真に写しこまれます。

MODEボタンを押すと、液晶の表示が変わります。
写真に日付を写し込みたくない場合、MODEボタンを何度か押して「-- – – --」の表示にすると、写しこまれません。

4:撮影

☘基本の撮影方法☘

 

撮影に使用①

撮影に使用②

撮影に使用③
☘基本の撮影方法☘

電源を入れる⇒シャッター半押し(ファインダー横の緑ランプが点灯したらOK)⇒そのままシャッターを押す

 撮影できたら、フィルムカウンターが1→2に動きます。

 基本は上の方法でOK!難しいことなしに撮影できます♪

 撮影後は電源を切ってください。 

 

  • 🌿ピント🌿真ん中の枠内にピントを合わせたいものを持ってきて、シャッター半押しすると、合わせたいものにピントが合います♪緑ランプがついたら枠内のものにピントが合ったことになります!
  • 🌿フラッシュ🌿フラッシュは暗いところで自動で付きます。
  • 🌿緑ランプ🌿点滅するときは、ピントがあっていません。ピンボケする可能性が高くなります。もう一度シャッターから手を離して、また半押ししてみてください。※とりたいものに近すぎるときはピントがあいません。0.9mから撮影できるカメラです。(望遠時のみ0.7m~)
  • 🌿ズーム🌿ボタンを押すと、レンズがズームしたり引っ込んだりします。撮りたいものを大きくしたり、逆に広い範囲を撮りたいときに。
***その他機能の紹介***

各種ボタン

1:ストロボモード

ボタンを押すと、次の順で切り替わります。設定したら、通常通り撮影します。

(起動時はオート)→日中シンクロ→ストロボ発光禁止→逆光補正


★日中シンクロ :  逆光で人物やお花などをきれいに撮るときに使う。ストロボは必ず発光します。撮りたいものが暗くなったり、強い影が出ることを防ぎます。

★ストロボ発光禁止 : ストロボを発光させたくない時に。手振れに注意。
逆光補正 : 遠い被写体の逆光撮影時などに。ストロボは光りません。

 

2:セルフタイマーボタン

セルフタイマーを行いたい回数だけ押します(3回まで)。シャッターボタンを押すと、10秒後にシャッターが切れます。

 

3:遠景ボタン

ガラスや金網越しの撮影時、遠くにピントを合わせたいときに使用します。ボタンを押した後、シャッターを押して撮影します。

 

パノラマ切り替え

矢印の方向にスイッチを入れると、パノラマ撮影モードになります。上下に枠がつき、パノラマのような写真が撮れます。撮り終えたらスイッチを元に戻すのをお忘れなく!

 

 5:フィルムの巻き戻し・取り出し

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

フィルムをすべて撮影し終えると、自動で巻き戻し開始してくれます。

 
巻き戻し音が止まったら、裏蓋開閉ノブをスライドして、裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

裏蓋開閉ノブ

フィルムを取り出す。

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

6:FUJI DL-700 ZOOMの作例

使用フィルム:kodak gold 200

使用フィルム:kodak gold 200

使用フィルム:kodak gold 200

使用フィルム:kodak gold 200

最後に

 この記事では、FUJI DL-700 ZOOMの使い方を紹介しました。フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

papio.shop-pro.jp

 ★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。
☆::::::★::::::☆