パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

CANON AUTOBOY TELE 使い方♪

f:id:papiocamera:20200714162231j:plain



 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

 CANONのフィルムコンパクトカメラ、AUTOBOY TELEの使い方について、説明します☆

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

とっても人気のオートボーイシリーズ!

 

40mm 標準系と70mm 望遠の2焦点切り替えで、肉眼より少し広い視野の撮影と、より近い視野での撮影を楽しめます。

 

多重露光撮影、逆光補正、セルフタイマー、デート機能など機能充実です♪

ソフトフォーカスフィルターがついているので、ほんわりやわらかい写真も簡単に撮れます♡

 

 

 

 

CANON AUTOBOY TELE) 使い方♪

 

 

 

1:電池を入れる

電池室に、電池を入れます。

ドライバーでねじを開けます。

 

ねじを開けます。

f:id:papiocamera:20200714162739j:plain

ねじを開けます。

 

電池室を開けて電池を入れます。

 

f:id:papiocamera:20200714162810j:plain

電池室を開けて電池を入れます。

電池は2CR5を使用です。


電池を入れて、電池室を閉じます。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

まずは裏蓋を開けます。

 

f:id:papiocamera:20200714162831j:plain

裏蓋を開けます。

f:id:papiocamera:20200714162849j:plain

フィルムを入れます。

f:id:papiocamera:20200714162920j:plain

目印のところまでフィルムの先端を引き出す






なるべくたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

 

フィルムカウンターが動き出して1になったら、成功!

 

f:id:papiocamera:20200714162950j:plain

フィルムカウンターが動き出して1になった


 

 

 

フィルムカウンターが1にならなかったら、もう一度フィルムをセットしなおしてください。

 

               

 

3:撮影

■基本の撮影手順

 基本撮影は①~④の手順です。

 

①電源をONに

②ファインダーを見ながらTELE・WIDEの切り替えを調整

③シャッターボタン半押しでピント合わせ

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

 

f:id:papiocamera:20200714163056j:plain

①電源をONに

f:id:papiocamera:20200714163115j:plain

レンズが見えたら撮影できます。



 

 

 

f:id:papiocamera:20200714163201j:plain

②ファインダーを見ながらTELE・WIDEの切り替えを調整

f:id:papiocamera:20200714163223j:plain

③シャッターボタン(赤いボタン)半押しでピント合わせ ④シャッターボタンをぐっと押し、撮影



 

*ファインダー内の赤いランプが点灯したら

 

f:id:papiocamera:20200714163327j:plain

赤いランプが点灯

 

 暗くてフラッシュを付ける必要があるときに点灯します。

フラッシュOFFならONにします。

 

(赤いランプがついたときに、フラッシュAUTOもしくはONなら、シャッターボタンを押したときフラッシュが光ります)

 

フラッシュについては、

 

撮影できたら、フィルムカウンターの数字が変わります(↓の写真の場合は2になっています)。

 

f:id:papiocamera:20200714163620j:plain

フィルムカウンターの数字が1から2に。


 

多重露光撮影

 

f:id:papiocamera:20200714163751j:plain

①⇒②の順で二回シャッターを押します。

 

①MEボタンを押したままシャッターを押す

フィルムカウンターの数字は変わりません。

 

②MEボタンをから手を放してシャッターを押す

フィルムカウンターの数字が変わります。

 

 

同じコマの中に二度撮影したことになります。

 

 同じコマの中に三度撮影したい場合は、①を二回繰り返して、②を一回行います。

f:id:papiocamera:20200714164036j:plain

多重露光撮影で撮影

 

★ソフトフォーカスフィルターを使う

 

f:id:papiocamera:20200714164132j:plain

電源を入れるところを一番下までスライドすると、上の写真のように、ソフトフォーカスフィルターが出てきます。

 

そのまま手を放さずにシャッターを押します。

f:id:papiocamera:20200714164236j:plain

ソフトフォーカスフィルターを使用して撮影

 

★露出補正

f:id:papiocamera:20200714164132j:plain

露出補正ボタンを押しながら撮影します。

 

 

 

 

 ■フィルムの巻き戻しについて

フィルムをすべて撮影し終えると、カメラが自動でフィルムを巻き戻してくれます。

 

 

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

 

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

取り出したフィルムは、なるべく早めに現像に出しましょう!

 

 

 

6:その他、フラッシュ・セルフタイマー

 

■フラッシュ

f:id:papiocamera:20200714164501j:plain

フラッシュ切り替え

 

・OFF

フラッシュが光りません

 

・AUTO

カメラが自動で暗さを判断し、フラッシュが光ります

 

・ON

明るさに関係なく、ストロボを発光させたいときに使います。

 

 

 

 

■セルフタイマー

f:id:papiocamera:20200714162950j:plain

時計のマークがセルフタイマー

セルフタイマーボタンを押すと、数秒後にシャッターが切れます。

 

 

最後に

 

この記事では、CANON AUTOBOY TELE の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

 

papio.shop-pro.jp