パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

RICOH MYPORT 330 SUPER 使い方♪

f:id:papiocamera:20200727155310j:plain

 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

リコーのフィルムコンパクトカメラ、RICOH MYPORT 330 SUPER の使い方について、説明します☆

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

使いやすさ・失敗しにくさが詰まったカメラ。

 

2つのダイヤルでの操作が使いやすい!

 

フィルムの巻き上げはプレワインド方式です。

フィルムを装填すると、最初にすべてのフィルムを巻き上げます。

 

 

 

 

 

RICOH MYPORT 330 SUPER 使い方♪

 

各種ボタン・ダイヤル

 ★ダイヤルについて。

f:id:papiocamera:20200803133442j:plain

ダイヤル

①AUTO--

自動撮影モードです。基本はこのモードで撮影すればOK!

ポートレート--

人物をアップで撮影するときに。

③アクション--

動いている被写体を連続撮影するときに、1コマ/秒の連写ができます。

④風景--

遠景を撮影するときや、ガラス越しに景色を撮影するときなどに。

⑤スーパーインテリジェント夜景--

夜景&人物などを撮影するときに。被写体と夜景を二重に露出して、両方にピントを合わせることにより、きれいに撮ることができます。

⑥シングルAF--

シャッターボタン半押しでピントを固定します。

 

 

A:OFF--

電源をOFFにするときに。

B:ON--

電源をONにするときに。

C:セルフタイマー--

セルフタイマー撮影に使います。

D:リモコン--

リモコンがある場合、リモコンを使って撮影するときに使います。

E:連写--

連写撮影するときに使います。

 

★撮影時使用するボタンなど

 

f:id:papiocamera:20200803134539j:plain

撮影時に使用します。

 

1:電池を入れる

電池室に、電池を入れます。

 

f:id:papiocamera:20200727155225j:plain

電池を入れる。


 

 

電池はCR123Aを2本使用です。


電池を入れて、電池室を閉じます。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

まずは裏蓋を開けます。

 

f:id:papiocamera:20200727155409j:plain

裏蓋を開けます。

 

f:id:papiocamera:20200727155430j:plain

写真のようにフィルムを装填します。





なるべくたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

 

フィルムカウンターが動き出します。

 

このカメラは、フィルムを装填すると、最初にすべてのフィルムを巻き上げます。

 

24枚撮りフィルムの場合、フィルムカウンターが24の表示になればOK。

 

f:id:papiocamera:20200727155738j:plain

フィルムカウンターが24の表示に


 

 

 

フィルムカウンターが0のままだったら、もう一度フィルムをセットしなおしてください。

    

 

3:日付・時間をセットする

セットしなくても撮影は可能ですが、写真に正しい日付を写しこみたいなら、必須です。

 

 

f:id:papiocamera:20200803140050j:plain

MODE・SELECT・SETボタンを使います。
・日付をセットする

上部のダイヤルで電源をONにします。

日付を設定していない状態では、上部の液晶に「'00 0 0」が点滅します。

 

 

SELECTボタンを押す(年 95が点滅)→SETボタンで現在の年に変更する→

SELECTボタンを押す(月 1が点滅)→SETボタンで現在の月に変更する→
SELECTボタンを押す(日 1が点滅)→SETボタンで現在の日に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

・時間をセットする

MODEボタンを何度か押して、日・時間・分の形式を選択します。

8/3に日付を設定した後の場合、「3   0:00」などと表示されます。

 

SELECTボタンを押す(時間が点滅)→SETボタンで現在の時間に変更する→
SELECTボタンを押す(分が点滅)→SETボタンで現在の分に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

 

4:撮影

■基本の撮影手順

 基本撮影は①~④の手順です。

 

①電源をONに。モードダイヤルはA(オート)に。

②ファインダーを見ながらズームを調整

③シャッターボタン半押しでピント合わせ

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

 

f:id:papiocamera:20200803132202j:plain

①電源をONに。モードダイヤルはA(オート)に。

 

全自動撮影になります

AUTO以外の撮影は、 「★ダイヤルについて。」を参考にしてください。

 



 

f:id:papiocamera:20200803133120j:plain

 ②ファインダーを見ながらズームを調整

 

 

③シャッターボタンを半押しでピント合わせします。(緑ランプが点灯したら、ピントがあっています)

 


 

*ファインダー右のランプについて

・上の緑ランプ

--点灯→ピントが合ったということになります。

--点滅→ピントが合っていません。

被写体に近すぎる場合はシャッターが切れません。

被写体より1mは離れてください。

 

・下の赤ランプ

--点灯→オート撮影選択時、暗いところで点灯します。撮影時フラッシュが付きます。

 

 

 

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

緑ランプが点灯したら、
そのまま、ぐっと押し込みシャッターを切る

 

暗いところでは(設定を変えない限り)自動的にフラッシュが付きます。

 


撮影できたら、フィルムカウンターの数字が変わります(撮影前が24なら、撮影後に23になります)。

 

 

 

 ■フィルムの巻き戻しについて

フィルムをすべて撮影し終えると、カメラが自動でフィルムを巻き戻してくれます。

 

f:id:papiocamera:20200727155944j:plain

巻き戻しが終わり、フィルムカウンターがEの表示に。

 

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

 

 

取り出したフィルムは、なるべく早めに現像に出しましょう!

 

 

 

5:日付を写真に写し込みたいとき

f:id:papiocamera:20200803140050j:plain

MODEボタンを使う。

MODEボタンを押して、液晶に出てきた日付が写真に写しこみされます。

 

 

写真に何も写し込みたくない時は、「-- -- --」を液晶に表示させます。

 

6:その他、フラッシュ・セルフタイマー

 

■フラッシュ

f:id:papiocamera:20200803133346j:plain

フラッシュボタンを押して、フラッシュ切り替え

通常時は自動です。暗いところでは(設定を変えない限り)自動的にフラッシュが付きます。

 

フラッシュボタンを押すと「赤目軽減⇒発光禁止⇒強制発光⇒スローシンクロ⇒赤目軽減&スローシンクロ」の順に切り替わります。


 

・赤目軽減

ストロボを発光させて人物を撮影すると、目が赤く撮影されることがあるので、それを軽減する機能です。

 

・発光禁止

夜景撮影や室内でも自然光を利用して撮影するときに。

暗いところでは手振れしやすくなるので、しっかりカメラを固定します。

 

 

・強制発光

明るさに関係なく、ストロボを発光させたいときに使います。

逆光時など人物を撮影するときなどに。

 

 

・スローシンクロ

夜景などを背景にして、人物を撮影するときなどに。

 

 

 

■セルフタイマー

f:id:papiocamera:20200803143435j:plain

右のダイヤルのCを選択する。

セルフタイマーを選択し、シャッターボタンを押すと、数秒後にシャッターが切れます。

 

 

最後に

 

この記事では、RICOH MYPORT 330 SUPER の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

 

papio.shop-pro.jp