〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

フィルムカメラの水銀電池について

フィルムカメラ専門店、パピオカメラです。一部のフィルムカメラでは、使用電源が水銀電池の場合があります。水銀電池は入手困難なため、代替電池を使うなどします。この記事では、代替電池を使用してフィルムカメラを使う方法をご紹介します。

※電池については、随時追加していきます。

 

フィルムカメラの水銀電池について

 

水銀電池HM-N

 

現在販売されている、SR44かLR44電池を2個使用し、1か2の方法で使用します。

【注意点】

HM-NとLR44(SR44)では、電圧は異なります。代替電池使用の場合、露出がやや変わる場合があります。当店で販売するカメラでは主に「2の方法」を採用して、ネガフィルムでテスト撮影していますので、購入の際は写りを見てご判断ください。

 

1アダプターを購入し使用

販売されているアダプターを使用すると、電池を入れるだけなので簡単です。

SR44かLR44電池をアダプターに入れることで使用できます。

 

 

2工夫して使用

絶縁テープ、電池(LR44かSR44を二個)、アルミホイルの3つを用意します。

電池は新しいもので、同種類のものにしてください。

全部100均でもそろいます♪

材料は三つ

電池二個を2個つなげて、テープでくるくる巻いたものと、アルミホイルを丸めたものを作る

二つ作る

電池の向きは注意してください。テープで巻く厚さや、アルミホイルの大きさは、電池室に入れた際にグラグラしない大きさで。

※作成の際は自己責任でお願いいたします。

 

③電池室に入れる

電池の+-の向きは注意してください!
電池室内でぐらぐらしないようにして蓋を閉めます。

通電しない(シャッターが切れないなど)ようなら、アルミホイルの大きさを調整するか、電池の高さが足りないときは、電池のプラス側にアルミホイルで高さをかさましするなどして、接触がよくなるようにします。

 

 

最後に

 この記事では、フィルムカメラの水銀電池についてを紹介しました。フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

papio.shop-pro.jp

★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。
☆::::::★::::::☆