パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

NIKON EMの使い方♪

f:id:papiocamera:20200910144155j:plain



 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

NIKON EMの基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

NIKON EM」は、NIKONの一眼・フィルムカメラです。

通称リトルニコン

 

ニコンのカメラの中では珍しい、初心者や女性をターゲットにしたといわれています。

・小型軽量なボディで、操作もわかりやすいカメラです。

・見た目も武骨な感じではなく、かわいらしい感じです。女性でも持ちやすいと思います。

・人気の絞り優先AE機!絞りとピントを合わせれば、あとはシャッターを押すだけ!
絞りを自分で合わせられるので、一眼の醍醐味であるボケ感をコントロールできます!

 

 


NIKON EMの使い方♪

☆最初に☆

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

 

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。

 

この動作ができない時は、以下をためしてみてください。

フィルムの巻き上げができない!というときは、シャッターを押すと巻き上げができます。

逆にシャッターを押せない!というときは、巻き上げするとシャッターが押せます。

 

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 

フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 

「1:電池を入れる」から進み、「3:フィルムを入れる」を省略して、「5:撮影」に進んでください。

露出計はフィルムカウンターが1になってから動き始めます。


1:電池を入れる

 

f:id:papiocamera:20200910144137j:plain

電池室はカメラの底から開けられます。




コインなどを溝にあててくるくるして、開けます

 

 

f:id:papiocamera:20200910144239j:plain

SR44かLR44を二個使用します。

+と-の方向を間違えないように注意してください。

(上の写真では電池のプラスが上になっている状態です)

電池を入れて、電池室を閉じます。

 

 

f:id:papiocamera:20200910150049j:plain

ランプの上の銀色のボタン(指で隠れていますが…)を押して、上の写真のようにランプが点灯していればOK!点灯しなかったら、電池を新しいものに変えます。

 

2:レンズを付ける

 

※すでについている場合は省略

 

f:id:papiocamera:20200919150046j:plain

中のミラーなどは絶対に触らないでください。

f:id:papiocamera:20200910165434j:plain

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる

 

f:id:papiocamera:20200910165525j:plain

写真のように反時計回りにレンズを回して装着(装着出来たらレンズの・は写真のように真上にきます)

 

*レンズを外すときは…

 

f:id:papiocamera:20200910165643j:plain

写真のように外します。

 

 

3:フィルムを入れる

 

35mmフィルムを入れます。

 

 

f:id:papiocamera:20200910144714j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

 

f:id:papiocamera:20200910144750j:plain

パカーンと開きます

 

f:id:papiocamera:20200913134011j:plain

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。

f:id:papiocamera:20200910144809j:plain

写真のように、パトローネ(フィルムが入った筒)を入れます。

 

f:id:papiocamera:20200910144839j:plain

巻き戻しクランクを元の位置に戻す。

f:id:papiocamera:20200910144858j:plain

フィルムの先端をスリット(巻取り軸の溝)に差し込む

 

f:id:papiocamera:20200910144941j:plain

フィルムの先端をスリットに刺す。

 

 

f:id:papiocamera:20200913135450j:plain

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる


 

巻き上げると、フィルムの先端が上の写真のように、巻取り軸に巻き込まれていきます。

 

フィルムの装填って難しそうですが、要は、巻取り軸にフィルムの先端がしっかり巻き込まれて、フィルムがちゃんと平行に送られていけばいいわけです♪

 

 

 

f:id:papiocamera:20200910145320j:plain

たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを時計回りに軽く回します。

 

 

f:id:papiocamera:20200910145412j:plain

裏蓋をしっかり閉じる。

 

f:id:papiocamera:20200910145509j:plain

シャッターを押す

※シャッターが押せない時は、巻き上げレバーを右にやさしく回しきってから押してください。

 

 

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き上げレバーを引く⇒シャッターを押す」を繰り返してフィルムを送ります。

 

 

f:id:papiocamera:20200910145533j:plain

巻き上げレバーを引く

 

f:id:papiocamera:20200910145509j:plain

シャッターを押す
*装填ができているかの確認

上で説明した「巻き上げレバーを引く⇒シャッターを押す」の過程で左の巻き戻しクランクがくるくるまわれば、フィルムはちゃんと送られています。フィルムが装填できていれば、巻き上げレバーを引くたびに、この巻き戻しのクランクはくるくるまわります。

 

 

f:id:papiocamera:20200910145825j:plain

フィルムカウンターが1になった

 



 

 

4:感度をセットする

 

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

f:id:papiocamera:20200910150301j:plain

感度調節ダイヤル(外側)を指で持ち上げたままくるくる回して、感度を合わせます。

上の写真はASA(ISO)100のところに合っています。

 

 

5:撮影

5-1: 撮影手順

オートにセット(5-2)後、

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ(5-3)

→絞り合わせ(5-4)

→(露出計のスイッチを入れる)(5-5)

→ピント合わせ(5-6)

→シャッターを押す(5-7)の順です。

 

(オートにセットとシャッターを押す以外は順番は変わっても大丈夫です。)

 

5-2:AUTO(絞り優先AE)

AUTOに設定すれば、絞りを設定すれば、カメラが自動でシャッタースピードを合わせてくれます。

 

 

f:id:papiocamera:20200910162954j:plain

AUTOに設定

 

5-3:巻き上げ

f:id:papiocamera:20200910165803j:plain

巻き上げレバーを右に行ききるまで動かす



巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、絞り合わせ→ピント合わせ→シャッターを押すをしてみます。

 

 

5-4:絞り合わせ

 

f:id:papiocamera:20200910170146j:plain

絞り環を回して絞りを合わせる

 

絞りを変えると、ボケ感をコントロールできます。

絞り値が小さくなるほどピントが合う部分が小さくなり、その分ボケ感は大きくなります。

 

逆になるべく全体にピントを合わせたい(写ルンですのように)場合は、絞り値を大きくしていきます。

 

迷ったら、とりあえず、f5.6か8くらいにしてみます。

 

5-5:露出計のスイッチを入れる

 

ファインダーをのぞき、シャッターを優しく半押しします(ぐっと押し込まない程度)

すると、露出計が作動します。

 

※スクリーン真ん中の明かりをはかります。

 

 ※露出計はフィルムカウンターが1にならないと作動しません。

※シャッターを軽く押した後しばらくたつと、露出計のスイッチが切れます。その場合は、また、シャッターを軽く押しなおしてください。

 

f:id:papiocamera:20200910170516j:plain

左に露出計。セットされている絞りを選択したときのシャッタースピードが表示されています。写真では1/4秒くらい。

 

*「手振れしそう、明かりが不適切」などの時は、警告音が鳴ります。

シャッタースピードって?という方でも、警告音で、この設定ではうまく写らなそうだ。と判断できます。

 

 手振れ警告で鳴る場合が多いかと思います。

 

音が鳴った時は、絞りを動かして(どう動かすかは下を参考にして下さい)、また、シャッターを半押ししてみてください。

 

・露出計の下の赤いゾーンに針があった場合

暗い写真になってしまいます。絞りの値を小さく(f5.6なら4、2.8と動かすなど)していきます。

 

・露出計の1-30の赤い数字のところに針があった場合

写真の明るさは適切ですが、ぶれやすくなります絞りの値を小さく(f5.6なら4、2.8と動かすなど)していきます。。そのままの設定で撮影したい場合は、カメラをしっかりと固定して、ぶれに注意してください。またはわざとぶれた写真にしたい場合は、そのままでOKです☆

 

・露出計の上の赤いゾーンに針があった場合
明るすぎる写真になります。絞りの値を大きく(f5.6なら8、11と動かすなど)していきます。

 

 

5-6:ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 

f:id:papiocamera:20200913100009j:plain

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す。写真では∞(遠景)ピントがあっている。

 

ファインダーをのぞいて、真ん中にピントを合わせたいものを持ってきてよく見ます。

 

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、分断された像を一致させます。

 

 

f:id:papiocamera:20200913100107p:plain

絵のように分断された像がピタッと合うようにピントを調整する。

 

上の絵のように分断されていることがわかりにくいときは、中央部付近がぼけている状態から、クリアに見える状態にピントを調整します。

 

 

5-7:構図を決めてシャッターを押す

ピントを合わせたら、撮りたい構図にセットしなおして(カメラと撮りたいものとの距離は変えない)、シャッターを切り、撮影しましょう。

 

f:id:papiocamera:20200910145509j:plain

シャッターを切る。カメラをしっかり固定して、ブラさないように気を付ける。

 

 

次の撮影も「巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→絞り合わせ→(露出計のスイッチを入れる)→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。(シャッターを押す以外は順番は変わっても大丈夫です。)」で撮影です。

 

 

5-8:撮影終了後

 

撮影を終えたら、電池の消耗を防ぐために、シャッターレバーをオートからバルブかM90に切り替えておきます。

 

f:id:papiocamera:20200913132849j:plain

 

5-9: ☆その他の撮影

f:id:papiocamera:20200913132003j:plain

・セルフタイマー

セルフタイマーレバーを矢印の方向に倒してシャッターを切ると、数秒後にシャッターが切れます。

 

・露出補正

露出補正ボタンを押しながら撮影すると、+二段分明るく撮影できます。

逆光下で人物を撮影するときなどに使います。

 

f:id:papiocamera:20200913132849j:plain

シャッターレバー

 

・バルブ

シャッターレバーをバルブにセットしてシャッターを押すと、シャッターを押している間は、光がカメラ内に入ってきます。(シャッター幕が開いたままとなっています)

夜景の撮影などの時に使います。

 

・M90

1/90秒でシャッターが切れます。1/90秒固定ですが、電池残量がないときでもシャッターをきることができます。(お持ちのカメラの個体によって、誤差はあるかもしれません。

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

f:id:papiocamera:20200913101314j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します


 

f:id:papiocamera:20200913101341j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。

 

 

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20200913101410j:plain

裏蓋を開ける。



f:id:papiocamera:20200913101429j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

 


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。
また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

 

 

最後に

 

この記事では、NIKON EM の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。