パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

【撮影スポット】オススメ!長野県・長門牧場

f:id:papiocamera:20200621151505p:plain


フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

趣味の旅行で、今まで様々な場所で撮影してきました。

 

その中で特に個人的に好きだった場所を紹介していきます。

 

この記事では、

長野県・長門牧場について紹介します☆

 

※撮影は過去に行ったものなので、撮影内容・記載内容は現在とは状況が異なる場合がございます。施設が開放されているかなどは、事前に施設や主催者等のHPで調べるか、施設や主催者等にお問い合わせください。

 

 

【撮影スポット】オススメ!長野県・長門牧場

フィルムカメラを持って、長野県・長門牧場へ。

 f:id:papiocamera:20200621160310p:plain

撮影機材

すべてフィルムカメラ(コンパクト)です。

 

f:id:papiocamera:20200621155714j:plain

カメラ1:MINOX 35EL(フィルム:富士フィルム業務用100)

f:id:papiocamera:20200621155802j:plain

カメラ2:OLYMPUS AF1-TWIN(フィルム:富士フィルム業務用100)

f:id:papiocamera:20200621155832j:plain

カメラ3:RICOH FF-70D(フィルム:LomoChrome Metropolis)

 

撮影日

2020年6月

 

撮影場所

長野県・長門牧場

 

長門牧場について

長門牧場とは

長門牧場は標高1,400メートルの信州白樺高原に
211ヘクタール(東京ドーム45個分)の牧草地を有し、
自家産の牧場を使って乳牛200頭を飼育しています。
そこから搾られる良質で新鮮な生乳を使用して牧場内で加工を行い、
牧場を訪れるお客様に直接販売しています



【出典元:信州白樺高原 長門牧場

 

 

とーっても広い牧場で牛をはじめ、いろんな動物を見ることができます。

撮影時はアルパカや羊などもいました。

f:id:papiocamera:20200623103505j:plain

すかした顔のアルパカ(スマートフォンで撮影)

 

 

外の牧場以外には、売店やレストランなどがあります。

 

牧場定番のソフトクリーム屋さんもありました(^-^)

 

     f:id:papiocamera:20200621160334p:plain

長門牧場のアイスクリームなどの商品は、付近の道の駅でもおいてあり、この地方では知られた特産品なのかと思います。

 

売店はかなり充実した商品がおいてあります。

牛などの動物グッズも置いてあり、かなりかわいかったです。

 

 お子さん連れの家族が多い印象でした。

 

アクセス方法

 

車で行きました。

駐車場もあります。

白樺湖霧ヶ峰などにも比較的近い(白樺湖まで車で約17分)ので、観光ついでに寄る方も多いかと思います。

 

営業時間などは下記リンクよりご確認ください(外部リンク)

 

信州白樺高原 長門牧場

 

長野県・長門牧場での撮影写真

カメラ:MINOX 35ELでの撮影

 

(フィルム:富士フィルム業務用100)

f:id:papiocamera:20200621153002j:plain

こーんな感じの広い場所

 

 

f:id:papiocamera:20200621153438j:plain

牛さんがいっぱいいます

 

 

f:id:papiocamera:20200621153510j:plain

広々した草原を見上げると、あおぞら

 

カメラ:OLYMPUS AF1-TWINでの撮影

 

(フィルム:富士フィルム業務用100)

 

 

f:id:papiocamera:20200621153549j:plain

牛さんをいい感じの位置で撮れた

 

f:id:papiocamera:20200621153648j:plain

広大な草原。場所によっては足元注意です



カメラ:RICOH FF-70Dでの撮影

 

(フィルム:LomoChrome Metropolis)

 

f:id:papiocamera:20200621153747j:plain

羊さん

f:id:papiocamera:20200621153853j:plain

羊さんは一心不乱に草を食べます。

うん。のどか。


 

 

最後に

 

この記事では、長野県・長門牧場を紹介しました。
見てくださった方のカメラライフのお役に立てれば幸いです! 

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

 

papio.shop-pro.jp