パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

minolta SR T 101 の使い方♪

f:id:papiocamera:20200923171611j:plain

 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

minolta SR T 101の基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・一眼カメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

 


minolta SR T 101の使い方♪

☆最初に☆

・フィルム装填や撮影で必ず行う動作

 

「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」という動作です。「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す⇒フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す…」の順で動作します。

 

 

 ☆TRY☆「フィルムの巻き上げ⇒シャッターを押す」

f:id:papiocamera:20200923171703j:plain

フィルムの巻き上げ。巻き上げレバーが右に行ききるまで。


 

 

f:id:papiocamera:20200923171725j:plain

シャッターを押す。カシャン!という音がします。


 

 

☆QUESTION☆上の動作ができない時

 

以下をためしてみてください。

 

・フィルムの巻き上げができない!というとき

シャッターを押すと巻き上げができます。

 

・逆にシャッターを押せない!というとき

巻き上げするとシャッターが押せます。

 

 

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 

フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 

「1:電池を入れる」から進み、「3:フィルムを入れる」を省略して、「5:撮影」に進んでください。

 

 


1:電池を入れる

 電池がなくても撮影は可能ですが、露出計(明るさをはかるメーター)を動かすためには必要です。

電池室を開けて、電池を入れます。

f:id:papiocamera:20200923171831j:plain

カメラの底。くるくる回して開けます。両手の親指を使って回すと回しやすいです。






f:id:papiocamera:20200923171923j:plain

電池は代替電池のLR625を使用しました。電池を入れる向きは上(表)が+。


 



電池を入れて、電池室を閉じます。

 

 

次に、バッテリーチェックをします。

 

 

f:id:papiocamera:20200925124049j:plain

底のスイッチをB.C.に切り替える。指を押し付けながらくるっと動かします。

f:id:papiocamera:20200925124133j:plain

ファインダーをのぞき、右の露出計を見ます。B.C.にスイッチを入れると、細い針が四角いでっぱりがある部分に移動します。この状態ならバッテリー容量は大丈夫です。


 

2:レンズを付ける

 

※すでについている場合は省略

 

f:id:papiocamera:20200919154455j:plain

内部は絶対に触らない!!

 

 

 

 

f:id:papiocamera:20200925124526j:plain

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる。レンズの付け根を持って、時計回りに回転させる。



 

f:id:papiocamera:20200925124610j:plain

レンズを装着できた。


 

*レンズを外すときは…

 

f:id:papiocamera:20200925124652j:plain

銀のボタンを下に押し下げながら、レンズの付け根を持って、反時計回りに回して外す。

 

3:フィルムを入れる

  

35mmフィルムを入れます。

 

 (一部別のカメラの写真を使用して説明していますが、装填方法は同様です)

 

 

f:id:papiocamera:20200910144714j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

 minolta SR T 101 は裏ブタを開ける際、ちょっと硬めなものが多い気がします。

開けにくいときは、上の写真でいうと、矢印が書いてある部分をしっかり持って上に引っ張ると開きます。

f:id:papiocamera:20200910144750j:plain

パカーンと開きます

 

f:id:papiocamera:20200913134011j:plain

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。

f:id:papiocamera:20200910144809j:plain

写真のように、パトローネ(フィルムが入った筒)を入れます。

 

f:id:papiocamera:20200910144839j:plain

巻き戻しクランクを元の位置に戻す。

 

f:id:papiocamera:20200925124853j:plain

フィルムの先端をスリットに刺す。


 

f:id:papiocamera:20200925125435j:plain

巻き上げレバーを右にいききるまで動かし、フィルムを巻き上げる

 巻き上げると、フィルムの先端が上の写真のように、巻取り軸に巻き込まれていきます。

 

f:id:papiocamera:20200925125458j:plain

フィルムの装填って難しそうですが、要は、巻取り軸にフィルムの先端がしっかり巻き込まれて、フィルムがちゃんと平行に送られていけばいいわけです♪

 

f:id:papiocamera:20200910145320j:plain

たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを時計回りに軽く回します。

 

f:id:papiocamera:20200910145412j:plain

裏蓋をしっかり閉じる。

 

f:id:papiocamera:20200923171725j:plain

シャッターを押す



※シャッターが押せない時は、巻き上げレバーを右にやさしく回しきってから押してください。

 

 

最初のフィルムは感光しているため、何度か「巻き上げレバーを引く⇒シャッターを押す」を繰り返して、フィルムカウンターが1になるまでフィルムを送ります。

 

 

f:id:papiocamera:20200923171703j:plain

巻き上げレバーを引く

 

f:id:papiocamera:20200923171725j:plain

シャッターを押す



 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*装填ができているかの確認

フィルムが装填できていれば、巻き上げレバーを引くたびに、この巻き戻しのクランクはくるくるまわります。

f:id:papiocamera:20200920141712j:plain

巻き上げレバーを引くたびに、この巻き戻しのクランクはくるくるまわる。

 ※上の写真のカメラはCANON AE-1ですが、minolta SR T 101と巻き上げレバーや巻き戻しクランクの位置はほぼ同様です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:papiocamera:20200925125837j:plain

フィルムカウンターが1になった

これで、撮影できます。
 

4:感度をセットする

 

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

f:id:papiocamera:20200925125949j:plain

感度調節ダイヤル(外側)を指で持ち上げたままくるくる回して、感度を合わせます。

 

ちょっと合わせずらいですが、巻き上げレバーを少し右に動かし、写真のように持って回すと回しやすいです。


上の写真はISO100のところに合っています。

 

 

5:撮影

5-1: 撮影手順

 

露出計をONにセット(5-2)後、

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ(5-3)

→露出計を見ながら、シャッタースピードと絞りを設定(5-4)

→ピント合わせ(5-5)

→シャッターを押す(5-6)の順です。

 

一見難しそうですが、とっても簡単♪

 

5-2:露出計をONにセット

 

f:id:papiocamera:20200925130332j:plain

露出計をONにセット。指を押し付けながらくるっと回すとセットできます。


 

5-3:巻き上げ

f:id:papiocamera:20200923171703j:plain

巻き上げレバーを右に行ききるまで動かす

 

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、次に進みます。

 

5-4:露出計を見ながら、シャッタースピードと絞りを設定

 

5-4-1:露出計の見方♪

ファインダーをのぞいて、右の露出計を見ます。

露出計には二つの針があります。

 

・細い針(実際の明るさを示している)

明るさに応じて動きます

具体的には、細い針は明るい場所では下に下がり、暗い場所では上に行きます。

 

・〇のついた針(カメラ側の明るさの設定を示している)

シャッタースピードや絞りを変えると動きます。

 

「実際の明るさ(細い針)=カメラ側の明るさの設定(〇のついた針)」になるようにします。

 

つまり、細い針に〇のついた針が追いつくように、シャッタースピードと絞りを動かして調節していきます。

 

f:id:papiocamera:20200925130723j:plain

右に露出計。細い針に〇のついた針が追いつくように、シャッタースピードと絞りを調節していきます。

 

 

 

 

シャッタースピードと絞りを変えて調節すると…

 

f:id:papiocamera:20200925131622j:plain

細い針に〇のついた針が追いついた♪

上の状態になれば写真の明るさはOKです!

 

5-4-2:おすすめはシャッタースピードの決定から♪

露出操作はシャッタースピードの決定→絞りの決定の順がおすすめ☆

 

 手持ちだとぶれやすくなるので、シャッタースピードを決定してから、絞りを決めるのがおすすめです。(もちろん、ボケ感を重視した撮影などの場合は、先に絞り決定するのもOKです。)

 

 

シャッタースピードを決める

 

f:id:papiocamera:20200925133641j:plain

シャッタースピードダイヤルを動かします。写真はシャッタースピードが1/60秒にあっている。

 

シャッタースピードが遅いと手振れする可能性があります。

-----

具体的には1/60秒よりも遅いと、手持ちだと手振れの可能性が高くなります。1/125秒より早いスピードであれば、手振れでの失敗は防げるかと思います。

詳しくは、下の☆MORE☆を参照ください。


 (とはいえ、室内などでは遅くなりがちです。遅いシャッタースピードで撮影する場合、三脚を用いるか、しっかりカメラを固定し、手振れにお気をつけください。)

 -----

 

-------------

☆MORE☆

シャッタースピードを遅くしていくと(シャッタースピードが125(1/125秒)

にあっているなら60(1/60秒)、30(1/30秒)..と動かすと)

 

写真が明るくなっていく。ぶれやすくなる。ぶれにくいスピードに合わせます。低速にするにつれ、ボケ感はすくなくなっていきます。



バランスを見つけるのが大事♪

 
シャッタースピードを速くしていくと(シャッタースピードが125(1/125秒)にあっているなら250(1/250秒)、500(1/500秒)..と動かすと)

 

写真が暗くなっていく。ぶれにくくなります。一方、高速になるほど絞りを開く必要が出てくるので、ピントが合っていない部分がぼけた写真になりやすくなります。

-------------

 

 

5-4-3:絞りを決める♪

 

f:id:papiocamera:20200925130501j:plain

露出計を見ながら、露出計の細い針に〇のついた針が追いつくように絞りリングをまわす。写真の絞りはf1.7のところに合っています。

 

絞りをどうやって動かしても露出計の針と針が合わさらないようなら、シャッタースピードを調整してください。

 

-------------

☆MORE☆

・絞り値が小さい(開放、F1.8、2など)

 

大きなボケ感を楽しめます。ボケ感を楽しむのは一眼レフでの楽しみでもあります(^-^)しかし、絞り値を小さくすればするほど、かなり厳しくピント合わせをする必要があります。ピント合わせにずれがあると、本来合わせたいものにピントが合わない写真になることがあります。



撮りたいイメージに合わせて調節♪


・絞り値が大きい(絞る、F8など)

 

ボケは少なくなりますが、広範囲にピントが合うようになります。
F5.6くらいの絞りから、全体の状況がわかりやすい写真になります。

 -------------

 

5-6:ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 ↓写真

f:id:papiocamera:20200925133641j:plain

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す。写真では0.6mと0.7mの間くらいのところにピントがあっている。


 

ファインダーをのぞいて、真ん中にピントを合わせたいものを持ってきてよく見ます。

 

中央部付近がぼけている状態から、クリアに見える状態にピントを調整します。

 

 

5-7:構図を決めてシャッターを押す

ピントを合わせたら、撮りたい構図にセットしなおして(カメラと撮りたいものとの距離は変えない)、シャッターを切り、撮影しましょう。

 

f:id:papiocamera:20200923171725j:plain

シャッターを切る。カメラをしっかり固定して、ブラさないように気を付ける。



 

5-8:撮影終了後

 

撮影を終えたら、底のスイッチをOFFに切り替えておきます。

 

(電池の消耗を避けるためです)

 

5-9: ☆その他の撮影

 

 

・セルフタイマー

 フィルムの巻き上げやシャッタースピード・絞り・ピントの調節をしておく。

f:id:papiocamera:20200925141035j:plain

セルフタイマーレバーを倒す


 

f:id:papiocamera:20200925141117j:plain

ボタンを押すとレバーが動き始める。

f:id:papiocamera:20200925141136j:plain

レバーがこのくらいの位置まで動くと、シャッターが切れます。

 

f:id:papiocamera:20200925141422j:plain

レバーはシャッターが切れた後も動き、元の位置にもどる。



 

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

 

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、フィルムを巻き戻していきます。

 

(写真のカメラは別のカメラですが、巻き戻し方は同様です)

f:id:papiocamera:20200913101314j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します


 

f:id:papiocamera:20200913101341j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。

 

 

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20200913101410j:plain

裏蓋を開ける。



f:id:papiocamera:20200913101429j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

 


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 


また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

 

 

最後に

 

この記事では、minolta SR T 101 の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp