〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

MINOLTA MAC-DUAL QD 使い方♪

f:id:papiocamera:20210822144926p:plain

コンパクトカメラ、MINOLTA MAC-DUAL QDの使い方について、説明します☆

  当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。

MINOLTA MAC-DUAL QD 使い方♪

☘電源ON/OFF☘

f:id:papiocamera:20210822145634j:plain

レンズカバーを矢印の方向にしっかり開くと、電源が入ります。レンズカバーを閉じると、電源OFFになります。写真はレンズカバーが開いて、レンズが見えているので、電源が入った状態。

1:電池を入れる

f:id:papiocamera:20210822145802j:plain

電池室をあけ、電池を入れます。写真では電池CR-P2を使用しています。

電池は、CR-P2を1個単4電池4本かのどちらかです。

 

 

電池を入れたら、電池ぶたを閉めます。

2:フィルムを入れる

☘動画☘

別機種のカメラですが、フィルム装てんの流れがわかります。


www.youtube.com

 

35mmフィルムを入れます。

 

f:id:papiocamera:20210822150116j:plain

裏ブタ開放ノブをあげて、裏ブタをあける

f:id:papiocamera:20210822150131j:plain

フィルムパトローネ(フィルムの筒)を右に入れる。傾けて上から差し込むと入れやすいです。

f:id:papiocamera:20210822150149j:plain

カメラに書いてある印のところまで、フィルムを引き出します。歯車の歯とフィルムの穴がかみ合っているか確認。

引き出す量は重要なので、引き出しすぎたり、引き出す量が足りなかったりしないようにしてください。

 
なるべくたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

 裏ブタを閉じると、フィルムの巻上げが始まります。

 

フィルムカウンターを見て1になってたら、フィルム装てんは成功!

f:id:papiocamera:20210822150240j:plain

フィルムカウンターが1になった。フィルムカウンターが1になったら、フィルムを取り終えて巻き戻すまで裏ブタをあけないように!

 

フィルムカウンターが1にならなかったら…

裏ブタを開けて装てんしなおします。フィルムの引き出し量を調節してください。

 

✋注意
フィルムカウンターが1になったら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!           

                              

3:日付・時間をセットする

セットしなくても撮影は可能ですが、写真に正しい日付を写しこみたいなら、必須です。

※現在の日付(西暦)は使えませんが、過去の日付、または(令和)03年などでの日付を入れて楽しめます。

※デート用の電池(CR2025)が切れていると、液晶は表示されません。電池切れの場合はフィルム装填前に、裏ブタの裏から交換してください。

 

f:id:papiocamera:20210822150359j:plain

背面に、日付セットに使用するボタン

 MODEボタンで液晶に「年 月 日」を表示させる

YEARボタンで現在の年に変更する→

MONボタンで現在の月に変更する→
DAYボタンで現在の日に変更する→

 

 MODEボタンで液晶に「時ー分」を表示させる

HOURボタンで現在の時間に変更する→
MINボタンで現在の分に変更する→

 

☘日付写し込みについて☘

背面の液晶に表示されている日付が写真に写しこまれます。

MODEボタンを押すと、液晶の表示が変わります。
写真に日付を写し込みたくない場合、MODEボタンを何度か押して「-- – – --」の表示にすると、写しこまれません。

 

4:撮影

☘基本の撮影方法☘

f:id:papiocamera:20210822150656j:plain

電源

f:id:papiocamera:20210822150720j:plain

基本撮影に使用するボタンなど

電源を入れる(レンズカバーを開く)⇒シャッター半押し⇒そのままシャッターを押す

 撮影できたら、フィルムカウンターが1→2に動きます。

 基本は上の方法でOK!難しいことなしに撮影できます♪

  • 🌿ピント🌿ファインダーの中心にピントを合わせたいものを持ってきて、シャッター半押しすると、合わせたいものにピントが合います♪近すぎるとピントが合わないので、0.75mくらいは撮りたいものから離れてくださいね。
  • 🌿フラッシュ🌿フラッシュは暗いところで自動で付きます。
  • 🌿LENS SELECTボタン🌿ボタンを押すと、焦点が35mm(広い範囲が撮れる)→50mm(撮りたいものをより大きく)とで切り替わります。


 撮影後はレンズカバーを閉めて電源を切ってください。 

 

ちなみに、ファインダー横の赤ランプは、電源ON後の「フラッシュ充電完了しました~」のお知らせランプです。が、この機種は赤ランプが光らないか、点灯までに時間がかかるものが多いみたいです。特に意識しなくてもOKです。

 

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

フィルムをすべて撮影し終えると、自動で巻き戻し開始してくれます。

 
巻き戻し音が止まったら、巻き戻し終了。裏蓋開閉ノブをスライドして、裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

 

f:id:papiocamera:20210822150116j:plain

裏ブタ開放ノブをあげて、裏ブタをあける

f:id:papiocamera:20210822151306j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。




 

フィルムを取り出し、その後長く撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

最後に

 この記事では、MINOLTA MAC-DUAL QDの使い方を紹介しました。

 フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

papio.shop-pro.jp

 ★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。


☆::::::★::::::☆