〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

CHINON AUTO GL / GL DATE使い方♪

コンパクトカメラ、CHINON AUTO GL / CHINON AUTO GL DATEの使い方について、説明します☆

  当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。

CHINON AUTO GL / CHINON AUTO GL DATE使い方♪

 

1:電池を入れる

カメラ底の電池室に電池を入れます。電池は単三を2本使用します。

電池容量が少ないとフラッシュなどつきにくくなるため、なるべく新品を使いましょう。電池を入れたら、電池ぶたを閉めます。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

フィルムは明るい日中使用ならISO100・200、くもりややや日陰などで使用したいのなら、ISO400が使いやすいです。

裏ブタ開放ノブをあげて、裏ブタをあける

フィルムパトローネ(フィルムの筒)を左に入れる。下から傾けながら差し込むと入れやすいです。

カメラ内右部に書いてある印まで、フィルムを引き出します。

引き出す量は重要なので、引き出しすぎたり、引き出す量が足りなかったりしないようにしてください。

 
なるべくフィルムのたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

 

レンズカバーを開きます。

レンズカバーを開く

シャッターを押すと、押すたびにフィルムが巻き上げられます。

シャッターを押す

何度かシャッターを押して、フィルムカウンターを見て1になったころから、写り始めます。

フィルムカウンターが1になった。フィルムカウンターが1になったら、フィルムを取り終えて巻き戻すまで裏ブタをあけないように!

フィルムカウンターが動かなく、1にならなかったら…

裏ブタを開けて装てんしなおします。フィルムの引き出し量を調節してください。

 

✋注意
フィルムカウンターが1になったら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!              

                        

3:感度の設定

感度設定は不要です。

4:日付・時間をセットする(DATE機種のみ)

DATE機種の場合、日付の写し込みができます。

カメラ背面に液晶があるものはDATE機種

セットしなくても撮影は可能ですが、写真に正しい日付を写しこみたいなら、必須です。

※現在の日付(西暦)は使えませんが、過去の日付、または(令和)04年などでの日付を入れて楽しめます。

※デート用の電池(CR2025)が切れていると、液晶は表示されません。

背面に、日付セットに使用するボタン

 

 MODEボタンで液晶に「年・月・日」を表示させる

SELECTボタンを押す(年が点滅)→SETボタンで現在の年に変更する→

SELECTボタンを押す(月が点滅)→SETボタンで現在の月に変更する→
SELECTボタンを押す(日が点滅)→SETボタンで現在の日に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

 MODEボタンで液晶に「(日)・時・分」を表示させる

SELECTボタンを押す(時間が点滅)→SETボタンで現在の時間に変更する→
SELECTボタンを押す(分が点滅)→SETボタンで現在の分に変更する→

SELECTボタンを押す(セット完了)

 

☘日付写し込みについて☘

背面の液晶に表示されている日付が写真に写しこまれます。

MODEボタンを押すと、液晶の表示が変わります。
写真に日付を写し込みたくない場合、MODEボタンを何度か押して「-- – – --」の表示にすると、写しこまれません。

 

5:撮影

「レンズカバーを開く→シャッターを押す」で撮影できます

※暗いときや室内ではフラッシュを使います(下の☆フラッシュ☆をご覧ください)

レンズカバーを開くと、電源が入ります。レンズカバーを閉じると、電源OFFになります。

シャッターを押す

とりたいものに近すぎるときはピントがあいません。1.3mくらいは離れてください。3mくらいの距離が一番ピントが合いやすいかと思います。

 撮影後はレンズカバーを閉めてください。 

 

☆フラッシュ☆

シャッターボタンを軽く押してみて、ファインダー左横に赤ランプがついたら、「暗いよ!」ということなので、フラッシュをつけましょう。

 

カメラ前面のスイッチを稲妻マークのところまで移動させると、フラッシュのスイッチが入ります。これで、必ずフラッシュがつきます。

スイッチのIを稲妻マークのところまで移動



数秒後、フィルムカウンター左横のランプが点灯したら、撮影できます。

ファインダー左横のランプが点灯(点灯まで5-10秒くらい待ちます)

電池が古かったり、カメラの状態によっては、ランプ点灯まで時間がかかることも(光らないものもあるかもです)。ランプ点灯しなくても、大体10秒くらいまてば、フラッシュはつきます。

 

フラッシュ使用後は、フラッシュのスイッチをOFF(スイッチのOを稲妻マークのところまで移動)にしておきましょう。

6:フィルムの巻き戻し・取り出し

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

フィルムをすべて撮影し終えると、シャッターを押せなくなったり、「みゅーん」という感じの音がします。

フィルムカウンターを確認して、フィルムの撮影可能枚数前後になっていたら、巻き戻しします。

巻き戻しスイッチを入れます。

巻き戻しスイッチを矢印の方向へ。巻き戻しが始まります。

 あとは待つのみ!
フィルムカウンターがSになってたら、巻き戻し終了。裏蓋開閉ノブをスライドして、裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

フィルムカウンターがSになったら、裏蓋をあける。

巻き戻しできたら、裏ブタ開放ノブをあげて、裏ブタをあける



裏ぶた開けるとこんな感じ。

 

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

上の写真の場合、フィルムの先端がちょこっとでていますが、決して引っ張り出したりしないように!むしろ、フィルムの先端は中に引っ込めてよいです。


フィルムを取り出し、その後長く撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

CHINON AUTO GL作例

色みに特徴のあるフィルム、LomoChrome Metropolisを使用しました。

使用フィルム:lomochrome metroplis

使用フィルム:lomochrome metroplis

使用フィルム:lomochrome metroplis

使用フィルム:lomochrome metroplis

使用フィルム:lomochrome metroplis

使用フィルム:lomochrome metroplis

最後に

 この記事では、CHINON AUTO GL / CHINON AUTO GL DATEの使い方を紹介しました。

 フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

papio.shop-pro.jp

 ★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。


☆::::::★::::::☆