パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

CANON T50の使い方♪

f:id:papiocamera:20210123143404j:plain
フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

CANON T50の基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

 

CANON T50の使い方♪

 

 

・フィルム装填前に、撮影の動作を試してみよう!

 

フィルムを入れる前に、撮影の動作をお試しできます。

 

「1:電池を入れる」から進み、「3:フィルムを入れる」を省略して、「5:撮影」に進んでください。

 

 

1:電池を入れる

 

電池室を開けて、電池を入れます。

f:id:papiocamera:20210123143438j:plain

電池蓋を開けます。



f:id:papiocamera:20210123143502j:plain

単三電池二本を入れます。



 



電池を入れて、電池室を閉じます。

 

 

次に、バッテリーチェックをします。

 

 

f:id:papiocamera:20210123143528j:plain

セレクターダイヤルを時計回りの方向に回し、B.Cにセットする。音が鳴ったらOKです★


 

2:レンズを付ける

 

※すでについている場合は省略

 

f:id:papiocamera:20200919154455j:plain

内部は絶対に触らない!!(写真は別の機種のカメラです)

 

 

 

 

f:id:papiocamera:20210123144243j:plain

ボディとレンズの・の部分が合うようにはめる



 

f:id:papiocamera:20210123144303j:plain

写真のように時計回りにレンズを回して装着




絞りがAUTOになっていない時は、AUTOにしておきます。

 

 

 

f:id:papiocamera:20210123144347j:plain

黒いボタンを押しながら絞り環を動かして、赤丸とAが直線上に来るようにする。


 

*レンズを外すときは…

 

f:id:papiocamera:20210123144443j:plain

銀色のボタンを押しながら、レンズを反時計回りに回す。



3:フィルムを入れる

 

35mmフィルムを入れます。

 

 

f:id:papiocamera:20210123150021j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。


 

 

f:id:papiocamera:20200913134011j:plain

故障の原因となるので、シャッター幕部分は触れないように気を付けてください。(写真は違う機種のカメラです)

 

f:id:papiocamera:20210123150121j:plain

パトローネ(フィルムの入った筒)を入れて、巻き戻しクランクをしっかりと元の位置に戻す。

 

f:id:papiocamera:20210123150211j:plain

フィルムの先端をオレンジの線まで引き出す。

テストフィルムがボロボロなのは気にしないでください(;'∀')


 

 

 

f:id:papiocamera:20210123150317j:plain

裏蓋をしっかり閉じる。

 

最初のフィルムは感光しているため、何度かシャッターを押して、フィルムカウンターが1になるまでフィルムを送ります。

 

正しくフィルムが装填できていれば、シャッターを押すたびにフィルムが巻き上げられていきます。

 

f:id:papiocamera:20210123150342j:plain

セレクターダイヤルを「PROGRAM」にセットして、シャッターを押す。

 

 

 ★フィルムが正しく装填できているかの確認★

シャッターを押して、フィルムがちゃんと巻き上げられていると、巻き戻しクランクが巻き上げの度にくるくる回ります。

シャッターを押したときに巻き戻しクランクがくるくる回るか、必ず確認してください。

シャッターを押すのが一回目では回らない場合がありますが、その場合2回3回と押すうちにくるくる回るはずです。

フィルムカウンターが1になるころになっても回らないようなら、うまく装填できていない可能性があります。裏蓋を開けてフィルムを装填しなおしてください。

 

 

 

f:id:papiocamera:20210123151919j:plain

フィルムカウンターが1になったころ写り始める。すぐに撮影しない時は、セレクターダイヤルを回してL(LOCK)にセットしておきましょう。

 

これで、撮影できます。
 

4:感度をセットする

 

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

 

f:id:papiocamera:20210123152027j:plain

銀色のボタンを押しながら感度調節ダイヤル(外側)をくるくる回して、感度を合わせます。

 

 

f:id:papiocamera:20210123152123j:plain

上の写真はISO200のところに合っています。

 

5:撮影

 

 

 -------------

レンズはAUTOに設定しておいてください。

 

f:id:papiocamera:20210123144347j:plain

AUTOに設定。

 

 

 -------------

 

 

ピント合わせ

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 ↓写真

f:id:papiocamera:20210123152526j:plain

ファインダーをのぞきながら、ピントリングを回す。ズームレンズの場合は、ズームリングを回すと、撮りたいものが大きくなったり小さくなったりします。


 

ファインダーをのぞいて、真ん中にピントを合わせたいものを持ってきてよく見ます。

 

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、分断された像を一致させます。

 

 

f:id:papiocamera:20200913100107p:plain

絵のように分断された像がピタッと合うようにピントを調整する。

 

上の絵のように分断されていることがわかりにくいときは、中央部付近がぼけている状態から、クリアに見える状態にピントを調整します。

 

 

構図を決めてシャッターを押す

ピントを合わせたら、撮りたい構図にセットしなおします。(カメラと撮りたいものとの距離は変えない)

 

f:id:papiocamera:20210123150342j:plain

セレクターダイヤルを「PROGRAM」にセットし、シャッターを半押しします。

 

 

f:id:papiocamera:20210123152740j:plain

ファインダー内。Pがちかちか点滅せず、点灯した状態ならOK!

※Pが点滅する場合

Pがゆっくり点滅を繰り返す場合は、手振れ写真になりやすいので注意!

撮影する場合はしっかり固定しましょう。

早く点滅する場合は、露出(明るさ)が不適切なので、撮影してもうまく写らない可能性が高くなります。

 

 

 

「P」の表示を確認したら、そのままシャッターを押し切り、撮影しましょう。

 

 

 

 

撮影終了後

 

撮影を終えたら、セレクターダイヤルをLに切り替えておきます。

 

f:id:papiocamera:20210123154455j:plain

セレクターダイヤルをLに

 シャッターがロックされます。

(不用意にシャッターが押されたり、電池の消耗するのを避けるためです)

 

ちなみに、セレクターダイヤルの「SELF」はセルフタイマーです。

セレクターダイヤルを「SELF」にセットして、シャッターを押すと、数秒後にシャッターが切れます。

 

6:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、フィルムが送られなくなり、音が鳴ります。

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、フィルムを巻き戻していきます。

 

 

f:id:papiocamera:20210123154209j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します



 

f:id:papiocamera:20210123154228j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。


 

 

巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

 

f:id:papiocamera:20210123154246j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張って、裏蓋を開ける




フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。 


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、CANON T50の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp