〔BLOG〕パピオカメラ│フィルムカメラのお店

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

CANON CB35M 使い方♪

f:id:papiocamera:20210731132856p:plain

コンパクトカメラ、CANON CB35Mの使い方について、説明します☆

  当ブログ、または、当ブログの写真や作成した文章などの無断使用(フリマサイトなどへの使用)はお断りいたします。フリマサイトでの販売はしておりません。

CANON CB35M使い方♪

 

1:電池を入れる

f:id:papiocamera:20210731133448j:plain

カメラ底の電池室に電池を入れます。電池は単三を2本使用します。

電池容量が少ないとフラッシュなどつきにくくなるため、なるべく新品を使いましょう。電池を入れたら、電池ぶたを閉めます。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

f:id:papiocamera:20210731133549j:plain

裏ブタ開放ノブをさげて、裏ブタをあける

f:id:papiocamera:20210731133609j:plain

フィルムパトローネ(フィルムの筒)を右に入れる。上から傾けながら差し込むと入れやすいです。

f:id:papiocamera:20210731133640j:plain

カメラ内上部に書いてある▼のところまで、フィルムを引き出します。カメラの歯車の歯と、フィルムの穴がかみ合っていることを確認します。

引き出す量は重要なので、引き出しすぎたり、引き出す量が足りなかったりしないようにしてください。

 
なるべくフィルムのたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

 

レンズカバーを開きます。

f:id:papiocamera:20210731133755j:plain

レンズカバーを開く

シャッターを押すと、押すたびにフィルムが巻き上げられます。

f:id:papiocamera:20210731133827j:plain

シャッターを押す

何度かシャッターを押して、フィルムカウンターを見て1になったころから、写り始めます。

f:id:papiocamera:20210731133945j:plain

フィルムカウンターが1になった。フィルムカウンターが1になったら、フィルムを取り終えて巻き戻すまで裏ブタをあけないように!

フィルムカウンターが1にならなかったら(Sのままだったら)…

フィルムがうまく装てんできていない場合、シャッターを押してもフィルムカウンターが1になりません。裏ブタを開けて装てんしなおします。フィルムの引き出し量を調節してください。

 

✋注意
フィルムカウンターが1になったら、フィルムをすべて撮り終え、巻き戻しが終了するまで、裏ブタをあけないように!              

                        

3:感度の設定

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。「ISO~」と書いていない場合は、100、200、400などと箱に書いていないか、探してみてください。

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムはISO100

f:id:papiocamera:20210731134057j:plain

カメラの底のスイッチで、感度を設定します。

ISO100・200か、ISO400のどちらかを選べます。

フィルムは明るい日中使用ならISO100・200、くもりややや日陰などで使用したいのなら、ISO400が使いやすいです。

 

ちなみに、カメラ底には「途中巻き戻しボタン(スイッチ)」があります。フィルムを途中で巻き戻したいときなどに使用します。(通常は使用しなくてよいボタンです)

4:撮影

「レンズカバーを開く→シャッターを押す」で撮影できます

※暗いときや室内ではフラッシュを使います(下の☆フラッシュ☆をご覧ください)

f:id:papiocamera:20210731134419j:plain

レンズカバーを開く

f:id:papiocamera:20210731134442j:plain

シャッターを押す

 

とりたいものに近すぎるときはピントがあいません。1.5mくらいは離れてください。3mくらいの距離が一番ピントが合いやすいかと思います。

 撮影後はレンズカバーを閉めてください。 

 

 

☆フラッシュ☆

シャッターボタンを軽く押してみて、ファインダー内に赤ランプがついたら、「暗いよ!」ということなので、フラッシュをつけましょう。

f:id:papiocamera:20210731134550j:plain

ファインダー内に赤ランプがついた

カメラ前面のスイッチを稲妻マークのところまで移動させると、フラッシュのスイッチが入ります。

 

f:id:papiocamera:20210731134926j:plain

スイッチを稲妻マークのところまで移動

数秒後、ファインダー左横のランプが点灯したら、撮影できます。

 

f:id:papiocamera:20210731134804j:plain

ファインダー左横のランプが点灯(点灯まで5-10秒くらい待ちます)

 

マクロスイッチ☆

マクロスイッチを入れて撮影すると、0.5m(50cm)くらいの距離で撮りたいものに寄って撮影できます。(フラッシュは強制的につきます)

 

f:id:papiocamera:20210731134926j:plain

矢印のスイッチを一番下のチューリップのところまで押し下げます。「押し下げたまま」にします。

数秒後、ファインダー左横のランプが点灯したら、スイッチを「押し下げたまま」シャッターを押して撮影できます。

 

f:id:papiocamera:20210731134804j:plain

ファインダー左横のランプが点灯

 

f:id:papiocamera:20210731140748j:plain

マクロスイッチを入れて撮影

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

フィルムをすべて撮影し終えると、自動で巻き戻し開始してくれます。

 
巻き戻し音が止まってフィルムカウンターがSになってたら、巻き戻し終了。裏蓋開閉ノブをスライドして、裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

 

f:id:papiocamera:20210731133549j:plain

巻き戻しできたら、裏ブタ開放ノブをあげて、裏ブタをあける

 

f:id:papiocamera:20210731135526j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。



 

フィルムを取り出し、その後長く撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

最後に

 この記事では、CANON CB35Mの使い方を紹介しました。

 フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

papio.shop-pro.jp

 ★::::::☆::::::★
最新情報はINSTAGRAMで投稿しています    
@papiocamera  ☆

インスタでは、フィルムで撮った写真のほか、 オンラインストアに入荷したカメラ やフィルムカメラの使い方などについて紹介しています🌝💮
お気軽にフォローくださいませ🌿

⚠️個別にカメラの使い方などへの質問へはお答えできない場合がございます。(当店でご購入された方を除く)ご了承くださいませ。

⚠️当店はフリマサイトなどへの出品はしておりません。当店でご購入されたことを、ご購入時のメールなどでご確認のうえ、お問い合わせをお願いいたします。


☆::::::★::::::☆