パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

OLYMPUS 35RCの使い方♪

f:id:papiocamera:20210214150528j:plain





フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

OLYMPUS 35RC の基本的な使い方を紹介します。

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

------------------

*この記事について*

 始めてフィルムカメラ・マニュアルフォーカスカメラを使う方でもわかりやすいように解説していますので以下の点ご留意ください。

・説明書よりも詳しく書いている部分、逆に省いて記載している部分があります。

・一般的な呼び方とは異なる名称で記載している部分があります。

・記載内容(フィルム装填の順番や撮影方法など)は使用説明書などと一致していない場合があります。なるべくやりやすいと思われるやり方で解説しています。

 

 

 

OLYMPUS 35RCの使い方♪

1:電池を入れる

底にある電池室に、電池を入れます。

 

(写真のカメラはOLYMPUS 35DCを使用していますが、ほぼ同様です)

f:id:papiocamera:20200209163207j:plain

一円玉などを溝にあててくるくるして、開けます


カメラの電池(水銀電池)は現在発売されていないため、
代替電池を使用します。

 

ここではLR625という電池を使用しています。

 

手に入りやすいLR44でもよいのですが、その場合は電池のサイズが小さいので、カメラの中でうごかないように、アダプターを使うか、電池の大きさの調節をします。

f:id:papiocamera:20200209163239j:plain

電池を入れて、閉じます。

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

f:id:papiocamera:20210214150635j:plain

裏ブタ開閉鍵を引っ張って、裏ブタを開ける


 

f:id:papiocamera:20210214150713j:plain

パトローネ(フィルムの筒)をフィルム室の左側に入れる




f:id:papiocamera:20210214150741j:plain

フィルムの先をのばし、差し込みやすいスリットに差し込む。実際は左手の親指などでフィルムパトローネをしっかり固定して、右手でフィルムの先端を引き出します。

 

f:id:papiocamera:20210214150805j:plain

巻き上げレバーを右にいききるまで動かし、フィルムを巻き上げる。こちらも実際は左手親指でパトローネを固定しながら巻き上げしてくださいね。

 

 

f:id:papiocamera:20210214150844j:plain

裏ブタを閉じて、たわみが気になるようなら、巻き戻しクランクを軽く重みが感じられるくらいまわす。重みを感じたらすぐに回すのをストップしてください。



最初のフィルムは感光しているため、何度かフィルムを送ります。

まず、シャッターを押します。

f:id:papiocamera:20210214150932j:plain

シャッターを押す


絞りは上の写真のように、「A」と「OFF」以外の、適当な数字にあわせておくとよいです。「A」にセットされていると、暗い場所ではシャッターが切れないためです。

 

 

*シャッターが押せない時は、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げてから押す

 

 次に、巻き上げレバーを右に行ききるまで動かして、巻上げをします。

 

f:id:papiocamera:20210214151818j:plain

各ダイヤル等の説明

 


この後、シャッターを押す→巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

を繰り返し、フィルムカウンターが1になれば撮影できます。

 

 

*巻上げのときに、巻上げレバーを引くのと連動して、左の巻き戻しクランクがくるくるまわれば、フィルムはちゃんと送られています。撮影をするたびに、この巻き戻しクランクはくるくるまわります。

 

f:id:papiocamera:20210214151630j:plain

フィルムカウンターが1になったころ写り始める。

 これ以降は、フィルムの巻き戻しを終えるまで、裏ブタを開けないようにしましょう。

 

 

3:感度をセットする

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

f:id:papiocamera:20210214151700j:plain

感度の設定。写真はASA(ISO)200にセットされている。

 

4:撮影

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→シャッタースピード設定→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

 

 

 

f:id:papiocamera:20210214151818j:plain

各ダイヤル等の説明

 

オート撮影の場合、オートに設定しておきます。

 絞り環をまわして、上の写真のように、A(オート)に設定。

 

オートに設定すると、絞りはカメラにおまかせで撮影できます。

 

★絞りを自分で設定したい場合→絞り環を動かして、2.8とか4とかの数字の部分にあわせれば、自分で設定できます。

 

巻き上げ

巻き上げレバーを右に行ききるまで巻き上げておきます。

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、次に進みます。

 

シャッタースピードを設定します。

シャッタースピードダイヤルを回して、シャッタースピードを設定します。

 

上の写真では、1/250に設定されています。

 

数値に悩んだら、晴れている屋外なら、とりあえず1/125か1/250に設定しておくとよいと思います。

 

 

 

ピント合わせ

 

ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。

 

 写真のカメラは別の機種のカメラですが、内容は同様です。

f:id:papiocamera:20200527153438j:plain

ファインダー

ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものを中心の黄色い四角に合わせて見ると、ピントが合っていない場合二重に見えます。

 

f:id:papiocamera:20200527153603j:plain

ペンが二重に見えます。

ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、二重の像を一致させます。

 

f:id:papiocamera:20200527153659j:plain

二重の像が合致。ピントが合っている状態です。

 

 

ファインダーを覗いて撮りたいものを見ながら、シャッターを軽く押してみる。すると、明るさに応じ露出計の針が動きます。(シャッター全押しすると撮影されてしまうので、全押しの手前くらい)

f:id:papiocamera:20210214152820j:plain

ファインダー内、光に応じて動くのは、下の絞り値が書いてあるところにある針です。上のシャッタースピードの針は、自分がシャッタースピードダイヤルで設定した数値を示しています。


メータの見方が分からない場合、意識するのは針が赤いゾーンに入った時だけでOKです。赤ゾーンに入ると、暗すぎるか明るすぎるということです。その場合、シャッターが切れません。

 

 ※露出計の針が動くのは、絞りをAにセットしているときだけです。

 

・暗いとき

シャッタースピードを遅くしてみます。1/125秒に設定されているなら、1/60、1/30秒と遅くして、また、シャッターを軽く押して赤いゾーンから外れたか確認します。1/60より遅いと、手振れ写真になりやすくなるので、シャッターを押す際は手振れに注意してください。

 

・明るいとき

シャッタースピードを早くしてみます。1/125秒に設定されているなら、1/250、1/500秒と早くして、また、シャッターを軽く押して赤いゾーンから外れたか確認します。

 

 

シャッターを全押します。

 

手振れしないよう、しっかり固定して押しましょう。


※オート撮影の場合、暗すぎるときや明るすぎるときはシャッターが切れません。

 


次の撮影も、同じ要領です。

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!

 

撮影を終えたら、絞り環を回して、AからOFFに変えておきましょう。電源がOFFになります。

 

 

5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

 

f:id:papiocamera:20210214153834j:plain

底の巻き戻しボタンをぽちっと押す



f:id:papiocamera:20210214153905j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。




巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

 

裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。

 

f:id:papiocamera:20210214153955j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。



フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。


また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

 

最後に

 

この記事では、OLYMPUS 35RC の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。もしミスがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

 

 

papio.shop-pro.jp