パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

【フィルムカメラユーザーなら知っておきたい★★★】VOL1: 最短撮影距離について

 

f:id:papiocamera:20200814145143j:plain



 

知っておきたいレベル:★★★絶対に知っておきたい

 

 

この記事はフィルムカメラ(コンパクトカメラ)について…

 

・近づいて撮った写真はピントが合わない写真が多い

・小物やテーブルフォト、お花などの撮影を楽しめるカメラが欲しい!

・自分のカメラについてもっと知りたい

 

という方におすすめです♪

 

 

 さくっと内容を知りたい方は、下の目次から「4:まとめ」に飛んでください★

 

 

-------------------------

 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

フィルムカメラ(コンパクトカメラ)を使うなら知っておきたい、最短撮影距離について説明します☆

 

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

-------------------------

 

 

フィルムカメラ(コンパクトカメラ)の最短撮影距離について

 

 

1:最短撮影距離とは?

 

フィルムカメラ(コンパクトカメラ)はそれぞれ、最短撮影距離が決まっています!

 

最短撮影距離とは、「最短で撮影できる距離」のことです。

この場合の距離とは、被写体(撮りたいもの)からフィルム面までの距離です。

 

 

例えば、下の写真のカメラ、CANON AUTOBOY JUNOの最短撮影距離は0.6mです。

 

f:id:papiocamera:20200810144407j:plain

CANON AUTOBOY JUNO

 

0.6m(60cm)だと、コンパクトカメラの中では、寄って撮れるほうだと思います。

テーブルフォトなどはぎりぎり撮れるくらいの距離です。

 

 

最短撮影距離が1m以上のカメラというのも多いです。

そうなってくると、テーブルフォトや小物をアップで写すような撮影は難しくなってきます。

 

 

2:最短撮影距離より近づいて撮るとどうなる?(実例)

 

では、最短撮影距離より近づいて撮影するとどうなるでしょう?

 

 

ピントが合いません!

 

 

以下いろんなカメラで撮った写真です。最短撮影距離より近づいて撮影。

 

f:id:papiocamera:20200812134159j:plain

ピントが合っていません。

f:id:papiocamera:20200812134215j:plain

ピントが合っていません。

f:id:papiocamera:20200810144444j:plain

室内で最短撮影距離ぎりぎりで撮ると、ぶれやすいという問題もあります。

 

f:id:papiocamera:20200810144523j:plain

ピント合わせがうまくいかず、撮りたいいちごにピントが合っていない

 

何を撮ったのかはわかりますが、微妙にぼけた写真になってますね。

 

 

「あれ?なんか近づいて撮った写真はピントが合わない写真が多いな~」と思ったら、最短撮影距離に注意して撮影してみてくださいね!

 

※AFの性能による場合もあります。

 

 

3:最短撮影距離の調べ方は?

最短撮影距離の調べ方は、取扱説明書を見る、ネットで検索するなどで調べられます。

 

「0.6m~∞」なんて書かれている場合は、0.6mが最短撮影距離となります。

 

例えば「CANON AUTOBOY JUNO」の場合は、ネット検索すると、CANONのHPに仕様が出ています。

 

オートボーイ JUNO(ジュノー) - キヤノンカメラミュージアム(外部HP)

 

リンク先の、主な仕様→AF方式のところに、「0.6m~∞」とあるので、最短撮影距離が0.6mだということがわかります。

 

 

 

もし、自分のカメラの最短撮影距離がわからない場合、少なくとも1.5m以上は距離をとることを意識して撮影してみてください★

 

 

「小物やテーブルフォト撮りがしたい!」という方は、なるべく最短撮影距離が短いカメラやマクロ撮影ができるカメラを選ぶとよいと思います!

 

 

 また、最短撮影距離以上であっても室内のような暗い場所で撮ると、ぶれやすく、ピンボケのように見えることもあります。その場合、なるべく明るい場所で撮ることで手振れは回避できます。

 

 

f:id:papiocamera:20200812134924j:plain

うまくいけば、しっかり寄ってピントが合った写真が撮れます。

 

4:まとめ

フィルムカメラ(コンパクトカメラ)はそれぞれ、最短撮影距離が決まっている

・最短撮影距離より近づいて撮影するとピントが合わない

・「あれ?なんか近づいて撮った写真はピントが合わない写真が多いな~」と思ったら、最短撮影距離に注意して撮影

・自分のカメラの最短撮影距離がわからない場合、少なくとも1.5m以上は距離をとる

・「小物やテーブルフォト撮りがしたい!」という方は、なるべく最短撮影距離が短いカメラやマクロ撮影ができるカメラを選ぶとよい

 

 

5:最後に

 

この記事では、フィルムカメラ(コンパクトカメラ)を使うなら知っておきたい、最短撮影距離について紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました!

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。また、もし間違っている点がありましたら、教えていただけると助かります。

papio.shop-pro.jp