パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

Basic N 45 CAMERA 使い方♪

f:id:papiocamera:20200910095543j:plain



 

フィルムカメラ専門店パピオカメラです。

 

この記事では、

フィルムコンパクトカメラ、Basic N 45 CAMERA の使い方について、説明します☆

フィルムカメラ初心者さん向けに、専門用語など少なめに説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

Basic N 45 CAMERA 使い方♪

 

 

 

1:電池を入れる

電池室に、電池を入れます。

単三電池二本使用です。

 

f:id:papiocamera:20200910095628j:plain

電池室はカメラの底から開けられます。



 

 
電池を入れて、電池室を閉じます。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

 

まずは裏蓋を開けます。

 

 

f:id:papiocamera:20200910100933j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

 

f:id:papiocamera:20200910101011j:plain

ぱかーん!こんなかんじ

f:id:papiocamera:20200910101031j:plain

写真のように、パトローネ(フィルムが入った筒)を入れます。パトローネは底(写真でいうと上下逆になっているので上)の部分から差し込むと、入れやすいです。

 

f:id:papiocamera:20200910101229j:plain

巻き戻しクランクを元の位置に戻す。うまく戻らなかったら、パトローネを入れなおしたりしてみてください。



f:id:papiocamera:20200910101329j:plain

フィルムの先端をスリット(巻取り軸の溝)に差し込む。

フィルムは引き出しすぎないように注意!

がっつり差し込めていない感じがあるかもしれませんが、刺さっていればOK

 




*スリット(巻取り軸の溝)なんてないんですけど?もしくはうまく入れられる位置にないんですけど?という場合。

 

↓ ↓ ↓

f:id:papiocamera:20200910101730j:plain

四角く囲ったところ(巻き上げノブ)を矢印の方向に回してみると、溝が出てくると思います。

 

f:id:papiocamera:20200910102001j:plain

スリットにフィルムの先端が入ったら、四角く囲ったところ(巻き上げノブ)を矢印の方向に回しきる。

すると、フィルムの先端が巻き上げ軸に巻き取られていきます。

フィルムの装填は、要はフィルムの先端が巻き上げ軸から外れなければOKです♪

 

*巻き上げノブが動かない場合

シャッター(カメラ上、右の大きなボタン)を押すと、巻き上げられるかと思います。




なるべくたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。

上の写真くらいのたわみなら大丈夫です。

 

 

f:id:papiocamera:20200910103134j:plain

巻き戻しクランクを時計回りに(少し重みが感じられるまで)軽く回し、フィルムのたるみをとる。

巻き上げノブを矢印の方向に回しきる⇒シャッターを押すを二回くらい繰り返す

 

ーーーーーーーーーー
 ☆フィルム装填がしっかりできているか確かめる方法

 

上の動作中、巻き戻しクランクが動いているか見てください。巻き上げノブを動かしているとき、連動して巻き戻しクランクがくるくる動いていれば、フィルムの先端が巻き上げ軸にしっかり絡んでいる証拠です♪

 

 ------------

 

巻き上げノブで巻き上げ⇒シャッターを押すを繰り返すと、

フィルムカウンターが動き出します。

 

フィルムカウンターが1の表示になればOK。

 

f:id:papiocamera:20200910103250j:plain

フィルムカウンターが1になりました。



 

 

 

フィルムカウンターが動かなかったら、もう一度フィルムをセットしなおしてください。

    

 

 

3:感度をセットする

装填したフィルムの感度にセットします。

 

フィルムの感度は、フィルムの箱やパトローネに書いてあります。

 

 

f:id:papiocamera:20200910122354j:plain

このフィルムの場合はISO100なので、100です。

 

 

 

f:id:papiocamera:20200910122548j:plain

入れたフィルムが100なので、100にセットしました。ISO400のフィルムなら400にセットしてください。

 

4:撮影

■基本の撮影手順

 基本撮影は①~④の手順です。

 

①レンズカバーを開く

②巻き上げノブを右に回しきる

③ファインダーを見て、構図を決める

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

 

 

f:id:papiocamera:20200910122928j:plain

①レンズカバーを開く

 

f:id:papiocamera:20200910123234j:plain

②巻き上げノブを右に回しきる ③ファインダーを見て、構図を決める ④シャッターボタンをぐっと押し、撮影


*巻き上げノブが動かない場合はすでに巻き上げられているかもしれないので、③・④に進んでください。

 

 撮影が終わったら、レンズカバーを閉じます。

 

 ■フラッシュ

夜間や室内、薄暗いところでの撮影時は、フラッシュを活用します。

 

f:id:papiocamera:20200910124311j:plain

フラッシュONにする

 フラッシュの使用が終わったら、もとの位置(フィルムの感度に合わせた位置)に戻しましょう。

 

 ■フィルムの巻き戻しについて

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げノブが動かなくなったり、シャッターが切れなくなります。

 

フィルムカウンターもフィルムの撮影枚数前後の数字になっているはずです。

 

そうしたら、巻き上げを開始します。

 

f:id:papiocamera:20200910123655j:plain

カメラ底の巻き戻しボタンを押します

 

f:id:papiocamera:20200910123718j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにくるくる回します。

 

巻き戻しクランクを巻く重みの感覚を感じながら、巻いていってください。

しばらく巻くと急にスカッと軽くなります。

 

いきなり軽くなったら巻き戻しは終了です。

念のためもう一二回くらい回してから、裏蓋を開けます。

 

f:id:papiocamera:20200910123922j:plain

巻き戻しクランクを上に引っ張ると裏蓋が開きます。

 

f:id:papiocamera:20200910123940j:plain

フィルムを取り出す。カメラを傾けると取り出しやすいです。

 

 

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

 

 

取り出したフィルムは、なるべく早めに現像に出しましょう!

 

 

 

 

作例

 

 レトロ感のある写りを楽しめます。

 

 

f:id:papiocamera:20200910124433j:plain

フィルムは富士フィルム業務用100を使用

f:id:papiocamera:20200910124506j:plain

フィルムは富士フィルム業務用100を使用

f:id:papiocamera:20200910124516j:plain

フィルムは富士フィルム業務用100を使用



 

 

 

最後に

 

この記事では、Basic N 45 CAMERA の使い方を紹介しました。

 

フィルムカメラライフのお役に立てれば幸いです!

 

 

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

 

papio.shop-pro.jp