パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

KYOCERA SAMURAI X4.0 使い方♪

f:id:papiocamera:20200421154408j:plain

KYOCERAのフィルムカメラ、KYOCERA SAMURAI X4.0の使い方について、説明します☆

 

 

KYOCERA SAMURAI X4.0 使い方♪

 

 1:電池を入れる

 

f:id:papiocamera:20200421154917j:plain

グリップ部分にある電池室に、電池を入れます。

f:id:papiocamera:20200421154930j:plain

コインなどを使って電池室を開けます。

f:id:papiocamera:20200421154941j:plain

電池2CR5を一個入れて、閉じます。

2:フィルムを入れる

 

35mmフィルムを入れます。

 

まずはフィルム室を開けます。

f:id:papiocamera:20200421155039j:plain

カメラの底のスライドノブで、フィルム室を開けます

 

f:id:papiocamera:20200421155115j:plain

フィルムを入れます。入れ方は書いてあります。

f:id:papiocamera:20200421155143j:plain

フィルムの先を赤い線の下に持ってきて、たわみがないようにして閉めます。

f:id:papiocamera:20200421155218j:plain

独特な巻き上げ音がして、フィルムカウンターが1になります。

 

フィルムカウンターが動き出して1になったら、成功!
フィルムカウンターが1にならなかったら、もう一度フィルムをセットしなおしてください。


3:日付・時間をセットする

セットしなくても撮影は可能ですが、写真に正しい日付を写しこみたいなら、必須です。

 

f:id:papiocamera:20200427091605j:plain

DATE/SETボタンを使用します。




・日付をセットする

DATEボタンを何度か押して、日付の形式「年月日」表示を選択します。

(上の写真の場合、'20 4 21)

 

SETボタン(左)を押し、現在の年に変更する

SETボタン(中)を押し、現在の月に変更する
SETボタン(右)を押し、現在の日に変更する

DATEボタンを押す(セット完了)

 

 

・時間をセットする

DATEボタンを何度か押して、日・時間・分の形式を選択します。

SETボタン(左)を押し、SETボタンで現在の時間に変更する→
SETボタン(右)を押し、SETボタンで現在の分に変更する→

DATEボタンを押す(セット完了)

 

4:撮影


■基本の撮影手順

基本撮影は①~④の手順です。

 

①スイッチON

②ファインダーを見ながらズームを調整

③シャッターボタン半押しでピント合わせ

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

 

 ①スイッチON

f:id:papiocamera:20200426134013j:plain

スライドし、スイッチを入れる

f:id:papiocamera:20200426134053j:plain

スイッチが入った状態


 ②ファインダーを見ながらズームを調整

 

f:id:papiocamera:20200426134133j:plain

ズームボタンを押して撮りたい大きさにします。

③シャッターボタン半押しでピント合わせ

 

ピントが合うと、緑ランプが点灯し、音が鳴ります。

 

④シャッターボタンをぐっと押し、撮影

 

モードを変えない限り、フラッシュはオートです。

暗い場所などでは、自動でフラッシュが光ります。

 

撮影が完了すると、フィルムカウンターの数が変わります。

 

 

■フィルムの巻き戻しについて

フィルムをすべて撮影し終えると、カメラが自動でフィルムを巻き戻してくれます。

巻き戻しが終わると、フィルムカウンターが0になります。

 

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!

 

フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

5:日付の入れ方

DATEボタンを押して、液晶に出てきた日付が写真に写しこみされます。

f:id:papiocamera:20200426134606j:plain

上の写真の場合、'20 4 21

 

写真に何も写し込みたくない時は、DATEボタンを何度か押して、「-- -- --」を液晶に表示させます。

 

6:その他、モード(フラッシュ)・ドライブ

 

■モード(フラッシュ)

f:id:papiocamera:20200426134745j:plain

MODEボタンを押す

MODEボタンを押して、フラッシュONOFFなどを選択します。

何も選択しなければ、フラッシュはオートの状態です。

 

f:id:papiocamera:20200426134844j:plain

フラッシュがオートの状態(液晶左上にマーク表示)

f:id:papiocamera:20200426134923j:plain

夜景モード(液晶左上にマーク表示)

 夜景モード。夜景の撮影に。また、フラッシュを発光させたくないときに。

 

f:id:papiocamera:20200426135111j:plain

スローシンクロモード(液晶左上にマーク表示)

スローシンクロモード。夜景+ストロボ

 

f:id:papiocamera:20200426135319j:plain

日中シンクロモード(液晶左上にマーク表示)

日中シンクロモード。明るいところでもストロボを発光させたいときに。

 

 

■ドライブ

 

ドライブボタンを押すと、連写やセルフタイマー、五重露出などが選択できます。

 

f:id:papiocamera:20200426135604j:plain

連写モード(液晶左上から二番目にマーク表示)

連写モード。連写ができます。

 

f:id:papiocamera:20200426135654j:plain

セルフタイマーモード(液晶左上から二番目にマーク表示)

セルフタイマーモード。

 

f:id:papiocamera:20200426135732j:plain

連写+セルフタイマーモード(液晶左上から二番目にマーク表示)

f:id:papiocamera:20200426135755j:plain

五重露出モード(液晶左上から二番目にマーク表示)

五重露出モード

ゴルフのスイングを撮るためのモードだったよう。

 

一回シャッターを切ると5回露出される仕組みです。
風で揺れるブラウスを撮影したら、ソフトフォーカスがかかったような仕上がりになりました。
撮るもの次第では面白い撮影ができそうです。

 

f:id:papiocamera:20200426151117j:plain

五重露出機能で撮影

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

 

papio.shop-pro.jp