パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

RICOH RZ-750 DATEの使い方♪

f:id:papiocamera:20200229154627j:plain



RICOHのフィルムコンパクトカメラ、RICOH RZ-750 DATEの使い方について、説明します☆

 
フルオートなのでフィルムカメラ初心者さんにもオススメ!

多彩なモードが魅力!
夜景モード、連写モードなどありますが、コンパクトでは珍しい多重露出モードがあります!
おもしろい撮影がしたいという方に、最もおすすめしたいカメラです!

[*多重露出:1コマの中に何枚か重ねて写す撮影方法です。写すもの次第で、ファンタジーあふれる写真が撮れます。]

 

電源ONが裏面のファインダーカバーというところや、ズームの際、液晶にズームの距離が表示されるなど、リコーらしく遊び心が効いていて楽しいです!

 

名前にDATEが入っている通り、日付を写真に写しこめます。
残念ながら2020年以降の日付対応はしていませんが、あえて昔の年月日などをいれるのも面白いかもしれません。

 

RICOH RZ-750 DATEの使い方♪

1:電池を入れる

 

f:id:papiocamera:20200315104130j:plain

底にある電池室に、電池を入れます。



電池はCR-P2使用です。

 

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

f:id:papiocamera:20200315104229j:plain

フィルムを装填



f:id:papiocamera:20200315104246j:plain

フィルムを入れて巻取り軸のところまで引き出します。歯車とフィルムの穴がかみあっているか確認。なるべくたわみのないようにして、裏蓋を閉じます。



裏蓋を閉じると、自動でフィルムが巻きあがります。

 

f:id:papiocamera:20200315105210j:plain

フィルムカウンターが1になっていたら、成功!




3:感度をセットする


感度は自動的にセットされているので、このカメラではセット不要です。

これで、撮影に入れます。

このカメラのデート機能(写真に日付を写しこむ機能)は対応日付の期限が切れているため、今回は日付の設定はしません。

 

 

4:撮影

電源を入れる

 

f:id:papiocamera:20200315105340j:plain

ファインダーのカバーを左にスライドして、電源ONにする



f:id:papiocamera:20200315105417j:plain

ファインダーを見ながら必要に応じ、ズームする。


ーーーーーーー

★ズームの小技?


カメラ上部の泡みたいなボタンを押すと、3ステップの焦点切り替えになります。

f:id:papiocamera:20200315105518j:plain

泡みたいなボタンを押すと、液晶に同じ絵が出てくる



この状態でズームボタンを押すと、38mm広角→54mm標準→76mm望遠と瞬時に切り替えられます。

f:id:papiocamera:20200315105620j:plain

38mm広角

f:id:papiocamera:20200315105655j:plain

54mm標準

f:id:papiocamera:20200315105713j:plain

76mm望遠



もう一度泡みたいなボタンを押すと、普通のズームに戻ります。

 

ーーーーーーー

ピント合わせ~シャッターを切る

f:id:papiocamera:20200315105754j:plain

ファインダーを見ながらシャッターボタンを半押しでピント合わせ




★シャッター半押しすると、カメラ上部・左のフラッシュが上にピコンと出ることがあります。

室内や、ちょっと暗いところでも、出てきます。

f:id:papiocamera:20200315105842j:plain

フラッシュ



そのままシャッターを切ると、ストロボが光ります。
*フラッシュをつけたくない場合は(→5:フラッシュのつけかた)へ

---------------------------------------------------------

 

 

ピントが合わせたらシャッターをぐっと押し、撮影します。

 

撮影できたら、フィルムカウンターが1→2に動きます。

撮影終了後は、ファインダーカバーをスライドして電源OFFにするのを忘れずに!

 

f:id:papiocamera:20200315110009j:plain

電源OFF

多重露光撮影

MODEボタンを何度か押すとM.Eが液晶に表示されます。
これが多重露光のモードです。

 

f:id:papiocamera:20200315110046j:plain

M.Eが液晶に表示

 

M.Eが表示されたまま撮影すると、M.Eの表示が消えますが、フィルムカウンターの数字は変わっていないはずです。

f:id:papiocamera:20200315110125j:plain

そのままもう一度シャッターを押す

そのままもう一度撮影すると、フィルムカウンターの数字が変わります。

f:id:papiocamera:20200315104656j:plain

撮影後フィルムカウンターの数字が変わる


同じコマの中に二度撮影したことになります。

 

f:id:papiocamera:20200315111459j:plain

多重露光撮影1

f:id:papiocamera:20200315111513j:plain

多重露光撮影2


 

5:フラッシュのつけかた


シャッター半押しすると、カメラ上部・左のフラッシュが上にピコンと出ることがあります。

f:id:papiocamera:20200315105842j:plain



 

その場合はカメラが「暗いよ!」とお知らせしてくれています。
そのままシャッターを切ると、ストロボが光ります。

 


*フラッシュをつけたくない場合

f:id:papiocamera:20200315110645j:plain



①上部のMODEボタンを押す

②液晶に山のピクトグラムが出てきます。
③(すでにフラッシュが上に出てきているときは、フラッシュ部分をおしてひっこめてください。)
その状態で撮影するとフラッシュがつきません。

 


6:セルフタイマーのつけかた

f:id:papiocamera:20200315110756j:plain

セルフタイマーボタンを押す



セルフタイマーボタンを押すとすぐに音が鳴り、数秒後にシャッターが切れます。


7:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、自動で巻き戻し開始してくれます。

 

f:id:papiocamera:20200315110834j:plain

巻き戻し終了。巻き戻し音がやみ、フィルムカウンターの表示が画像のようになります。




 

f:id:papiocamera:20200315110851j:plain

巻き戻しが終了したら、裏蓋を開き、フィルムを取り出し終了です。




 

巻き戻し終了までは裏ぶたを開けないように!


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

papio.shop-pro.jp