パピオだより by papiocamera

フィルムカメラの情報・作例や使用方法などをアップしていきます!

OLYMPUS 35DCの使い方♪

f:id:papiocamera:20200209162806j:plain

 

オリンパスのマニュアルフォーカス・フィルムコンパクトカメラです。

OLYMPUS 35DCの基本的な使い方を紹介します。

 

35DCのD・Cは、"デラックス(D)なコンパクト(C)" からきているそうで、高級路線のカメラ。

 

f1.7の大口径の明るいレンズを搭載した実力派!

写りがよいだけでなく、シルバーボディがなんともクラシックなフィルムカメラらしく、デザインがとてもおしゃれ。


露出は自動なので、撮影はピント合わせをしてシャッターを押すだけです。
ピント合わせやフィルム送りなどがオートではないですが、その分フィルムカメラを使う楽しみが味わえます。

 

 

OLYMPUS 35DCの使い方♪

1:電池を入れる

底にある電池室に、電池を入れます。

f:id:papiocamera:20200209163207j:plain

一円玉などを溝にあててくるくるして、開けます


カメラの電池(水銀電池)は現在発売されていないため、
代替電池を使用します。

 

f:id:papiocamera:20200209163239j:plain

電池を入れて、閉じます。

2:フィルムを入れる

35mmフィルムを入れます。

f:id:papiocamera:20200209163339j:plain

引っ張って、裏蓋を開ける

 

f:id:papiocamera:20200209163418j:plain

フィルムを入れ、先を少し引き出す



f:id:papiocamera:20200209163654j:plain

フィルムの先を巻取り軸の溝に差し込む



 

f:id:papiocamera:20200209163741j:plain

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

やさしく、右の方向に行ききるまで

f:id:papiocamera:20200209163842j:plain

フィルムの穴と歯車がかみ合うように

f:id:papiocamera:20200209164059j:plain

巻き戻しクランクを立ち上げる

 

f:id:papiocamera:20200209164257j:plain

巻き戻しクランクを時計回りに軽く回し、フィルムのたるみをとる




 

f:id:papiocamera:20200209164320j:plain

裏蓋を閉じる

 

最初のフィルムは感光しているため、何度かシャッターを押してフィルムを送ります。

f:id:papiocamera:20200209164458j:plain

 

f:id:papiocamera:20200209164549j:plain


シャッターを押す→巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる
を繰り返し、フィルムカウンターが1になれば撮影できます。

 

*シャッターが押せない時は、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げてから押す

*暗いところやレンズにレンズキャップをした状態だと、シャッターが切れません。
このカメラの場合、赤いボタンを押しながらシャッターを押すとシャッターが切れます。

*この過程で左の巻き戻しのレバーがくるくるまわれば、フィルムはちゃんと送られています。撮影をするたびに、この巻き戻しのレバーはくるくるまわります。

 

3:感度をセットする

フィルムの感度は「ISO~」とフィルムに書いてある~の数字です。

f:id:papiocamera:20200209170813j:plain

ピントリングを回して赤い矢印に0.85を合わせるとやりやすいです

f:id:papiocamera:20200209165045j:plain

回しにくいですが、ギザギザ部分をまわして感度をセットします。

f:id:papiocamera:20200209165246j:plain

下の段のASAの数字をフィルムのISO感度と同じにします


4:撮影

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

 

巻き上げレバーでフィルムを巻き上げる

f:id:papiocamera:20200209165445j:plain


やさしく、右に回りきるまで。

巻きあがらない時は、すでに巻き上がっているかもしれませんので、下のピント合わせ→シャッターを押すをしてみます。

 

ピント合わせ

f:id:papiocamera:20200209165816j:plain



ファインダーをのぞき、ピントリングを回し、ピントを合わせます。


ファインダーをのぞいて、ピントを合わせたいものを中心の黄色い四角に合わせて見ると、ピントが合っていない場合二重に見えます。


ピントを合わせるためには、ピントリングを動かして、二重の像を一致させます。
(迷ったり、さっと撮りたい場合は、赤い字の3のところにピントリングを合わせます。)

 

シャッター半押しの状態でファインダー内を見ると、メータの針が動いています。
針が右の赤いゾーンに入った時は、「暗すぎる!」ということです。
メータの見方が分からない場合、意識するのは針が右の赤いゾーンに入った時だけでOKです。

 

シャッターを押します。

f:id:papiocamera:20200209164458j:plain

*暗いところやレンズにレンズキャップをした状態だと、シャッターが切れません。


次の撮影も、巻き上げレバーでフィルムを巻き上げ→ピント合わせ→シャッターを押すの順です。

MF(マニュアルフォーカス)に慣れていない間は、ピント合わせを忘れがちなので注意!


5:フィルムの巻き戻し・取り出し

フィルムをすべて撮影し終えると、巻き上げレバーが動かなくなります。
(この時無理やり巻き上げると故障の原因になるので注意)

フィルムカウンターでフィルムの枚数前後になっていれば、フィルムが終了しているので、
フィルムを巻き戻していきます。

 

f:id:papiocamera:20200209170045j:plain

底の黒いボタンを押します



f:id:papiocamera:20200209170127j:plain

巻き戻しクランクを時計回りにひたすら回します。


巻き戻しの感覚・手ごたえを確かめながら…
回し続けるといきなり軽くなります。これが、巻き戻し終了の合図です。

裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。


フィルムを取り出し、その後しばらく撮影しない場合、カメラを長持ちさせるため、電池は抜いておきましょう。
また、半年くらいたってくると、電池が消耗されメーターの精度が悪くなってくるので、電池交換をしましょう。

 

著者:papiocamera

情報は細心の注意を払って記載していますが、記載ミスがございましたら申し訳ございません。

papio.shop-pro.jp